タグ:神宮 ( 32 ) タグの人気記事

 

目の前で胴上げなんてさせっかー!

b0037793_2084436.jpg
優勝が完全に消えた…。ちくしょう。

でも、空気の読めない僕らは、
明日こそオレンジを呑んでやるっ!!
[PR]

by match-ken | 2006-05-20 14:27 | 部活  

吹けなかったわけでは断じてないです。言い訳じゃなく

ぎりぎりまで迷ってたけど、結局オプションを吹かなかった。
今日は吹くべきではないと思ったから。

でも、トップとしての義務を放棄したと思われても仕方ないのかもしれない。

あえて物議をかもしてみたので、ちょっと考えてみてください。
(でもたいがいの人にとっては、「どっちでもいい」ことなんやろうなぁ)
[PR]

by match-ken | 2006-05-20 14:03 | 部活  

あと四谷選手とか代々木選手もいるといいな

無死1、3塁でサード正面のゴロ。三本間で挟殺プレーになりました。
キャッチャー中野の好判断で3塁ランナーがタッチアウト!

すかさずブロックが入ります。
『いいぞー、なかのー、新宿の次はー、中野に停まりまーす』

するとゆうゆう。ぼそっと、
「各停なら大久保か……あっ!」

センターへの大きな当たりを好捕、なんてときは、それを使いましょう。
[PR]

by match-ken | 2006-05-15 17:51 | 部活  

唯一当番校を肌で実感するとき

トイレから戻ったら、司会のあやかちゃんが僕にしめの挨拶役に指名をしているのが聞こえたので身を潜めたものの、側にいたT子に一瞬で引きずり出されました。
「月曜火曜と神宮楽しみましょう!」
と言ったら、
「はーい!!」と「いえー!!」がせめぎあってた(笑)
まぁいろんな立場がありますわな。うちの子がいえーって言ってたらどうしよう…。

この調子だと次のコンパの乾杯の音頭としめの挨拶も僕やな。
僕はいつもしゃべりすぎてイカン。
短くてスパイスの効いたスピーチができるようになりたいですな。
幸い鍛える場はこの先無数に用意されているようなので(笑)


この状態をずっと保たせてくれるのなら、
常に微量のアルコールを体に入れていたい。
[PR]

by match-ken | 2006-05-15 00:55 | 部活  

六大ペットコンパ

4年生になったことをもっとも実感するのは、オプションについて話すとき。

幹部一人のKはむろんはせやん。しかし勝ったときにしか吹かないねんて。値打ちは上がるが、つまらんなー。
Tはまっつん。エースなかじはエール時は吹かない人やもんね(笑)
Hは半分こしたり、二人で吹いたり。なにそれ。
WとRはそもそもオプションがないです。

Mは……相手スタンドからは聞こえるらしいけど、混じりすぎてて普通のメロディに聞こえちゃうらしいです。明日からはもうちょっと主張してみようかしらね。


自己紹介。やっぱうちだけ理不尽に長いよ!
噛むたびT子や僕が飲まされまくったけど、かわいそうなのは飲んでる僕らより噛んじゃった1年生の方じゃなかろうかと。。


理事になって知り合った六大の副理事が、実はトランペットだった、なんてこともけっこうありました。いかに僕らが去年まで同期でかたまって、後輩をいじりに行かなかったか(先輩に挨拶にも)を思い知ったものでした。
そんな彼らとも今日はたくさん話せてよかったです♪
なのに名刺忘れてごめんね(><)
[PR]

by match-ken | 2006-05-15 00:48 | 部活  

思わぬ形で学ランの洗濯ができました(笑)

土曜日の試合では、あんなに日が強くて暑かったのに、
得点が二桁になるまで一滴の水もかけてくれなかった修。
曇り空で肌寒いくらいの今日は、5点目でもうやってくれました。

気持ち良くスクラム第一を吹いていたら、後ろからこっそり近づかれ、頭からざぶん!
びっくりして振り向いたら、今度は襟をつかまれ、首元からたっぷりと注ぎ込まれました。

ぜんぜん気持ちよくないよぉー!!

うそです。気持ちよかったです(笑)
でも座るとき気持ち悪かったぁ。。


序盤は正直、やっべぇな、って空気が漂ってた。
先に得点を挙げたのは東大。その1点がセーフティーリードに思えるほどに、今日の三宅はよかった。

でも一度火がつくと止まらないのは今年の明治のよさかな。鮮やかな逆転劇でした♪

せいぜい十数試合しかしないわけやから、最後にモノを言うのはこういう勢いやったりするんやろなぁ。意外と優勝も夢物語でもなくなってきたのかも。
[PR]

by match-ken | 2006-05-08 16:24 | 部活  

攻撃ばっかり長かった

今日は解散して1分後には神宮を後にしていた。
合演スタッフ顔合わせ会があって、青学に行かなくてはならなかったので。

神宮から青学はどうやって行くのかって、徒歩ですな、徒歩。
外苑前から一駅地下鉄に乗るにはちょっと惜しすぎるくらいに近い。
天気はあまり良くなかったけど、青山通りをぶらぶら15分ほど歩いて行きました。
青山から表参道にかけてが好きです。それにこの辺の街並みは僕に似合うんじゃないか、って自分だけ言ってます。

教室に着いて最初にW大理事のこみほにされた質問↓

「今日何点取ったの?」

その聞き方は正しすぎる! もはや「勝ったの?」とかですらない(笑)

はい、14点でーす!
先週慶應が2試合で取った点数とイコールでーす!


顔合わせ会にはスタッフ候補の人たちに集まっていただきました。
最初に僕から今年の合演の概要について説明し、
その後各ステージごとに内容や選考方法について話し合ってもらいました。

思ったことは、ごくごく平たく言えば
「まったく、スタッフという人種は…」
ということになるんやけど、
向こうにとってみれば、
「まったく、役員という人種は…」
って感じだったんだろうから、
ブチるのはこの辺にして、しっかりと運営側と意思をすり合わせていけるよう頑張ります。

翌日の朝日新聞より
[PR]

by match-ken | 2006-05-06 22:16 | 部活  

非日常は非日常のままで

あまり賛同してもらえないことの一つに(まぁ僕はそんなのが多すぎるんやけど)、
神宮球場へ行くとき、
一塁側のときは信濃町で、三塁側のときは千駄ヶ谷の方が便利、
というものがある。

もっとも千駄ヶ谷からは、信濃町から行くときよりも電車1駅分くらいの時間余分に歩くことになるから、トータルではほとんど変わらないんやけどね。

世の人々は大きく分けて次の2つに大別されますよね。
 ①いつも同じようにしないと落ち着かない人
 ②いつも違うようにしないと気が済まない人
僕は典型的な②です。

非日常を徹底的に突き詰めたものが神宮であるのだとすれば、
僕はそれを日常的なものにしてしまいたくはない。
3日も続けて信濃町で降りて同じ道を歩いてると、
自分の中で何かが澱んでいってしまうような気さえするから。

かたくなに定期の経路に中央線を含めないのも、同じような理由からです。

別に①の人は間違ってるとか、僕の考えを押しつけたいとか、
そんなつもりは全然ないです。気を悪くされた人がいたらごめんなさい。
ただ、「千駄ヶ谷から帰ろうよ」って言ったときそんなにイヤがらなくてもいいのになぁ、とは思う。
[PR]

by match-ken | 2006-04-16 15:36 | 部活  

こういう生き方しかできなくなった

神宮からの帰り、何かで急いでるよっしーとみっきーが走りだした。
「誰か一緒に走ってくれないかなぁ」
「まっちならきっと付き合ってくれるよ」
そんな会話が聞こえた。

「ねぇ、まっち、一緒に走ろうよ!」
理由もわからず走って追いかける僕。
「なんでかわからなくてもとりあえず走ってくれるのがまっちだよね」
…そうやねんなぁ。

18時からの新橋でのバイトに、JRで行くと間に合わないけど地下鉄で行くと間に合うというみっきー。
『あっち行ったら青山一丁目の駅があるよ』と教えたら、
「え、道わかんない。一緒に来てよ!」と言われ、すんなりと信濃町とは逆の方向に曲がる僕。

もうすぐ青山一丁目というところで、なぜ早めに神宮を発ったかって、自分も18時から本校でガイダンスがあるからだったということを思い出した。

ガイダンスには開始3分前に滑り込めましたのでご心配なく。半蔵門線ありがとう。
[PR]

by match-ken | 2006-04-15 23:19 | 部活  

おそらく人生最後の立ち番は

3回~6回の場内でした。重ちゃんとおのっちと一緒。

最後とあって、いろんな人の親御さんが来てましたねぇ。みっちゃんのご両親もはるばる名古屋からお越しでしたし。息子さんの指揮(負けないでは歌詞付き!さすがカラオケ王)や、リーダーまで見れちゃって、満足いただけたんじゃないかな。僕も来年の最終戦はぜひ母親を呼びたいと思う。

おのっちが「うちの母も来てますよ」と言うので、ごあいさつしにいった。
実は、おのっちのお母さんとうちの母は、去年の定演の帰り、ひょんなことから江戸文から錦糸町まで一緒に帰った仲なのです。それ以来しきりに「かなこちゃんは元気?」とか聞かれたりしてます。
向こうも覚えててくれたようで、「楽しい時間をありがとうございましたとお伝えください」と言われた。なんかいいもんやね、そういうのって。


神宮送別会は楽しかった! コンダクターも含めてメンツが全員下級と思うと、なんかのびのびした気分で臨めた。リーダーの演芸には苦笑いするしかなかったけど。。
オプション成功率ははまだ100%を保っています。が、そのために犠牲にされた音は数知れず。泰樹とのあうんの呼吸がうまくいかず(うまくいきすぎて!?)、二人とも休んで音が消えることが何度かありました。すまん、あっきー。

輪になって学生歌はあったけど、神宮一周とか“宙に浮きたい!”はなかったね。でも芝居じみたことをするよりも、普通に終わってくれたことでかえってしみじみと色んなことを思い返せたかもしれない。

それにしても女子幹部のチアコス、なんだかんだいって普通にかわいかったよなあ。
[PR]

by match-ken | 2005-10-23 22:39 | 部活