人気ブログランキング |

タグ:椎名林檎 ( 6 ) タグの人気記事

 

ストイシズム

あなた

きれい

すてき

きらい

つよい

よわい

More

by match-ken | 2006-05-14 00:01 | 雑感  

坂を上りきったところで最初に待ち受けてたサークル

某軽音サークル、本日のライブの予定。

 12:00 椎名林檎(うぉ~)
 12:20 オアシス(まぁ定番やね)
 12:40 GO!GO!7188(うぉ~うぉ~!!)
 13:00 バンプオブチキン(やってさーぷーちん)

い、行きたーい(><)!!

ので、「行きたい」と言ったら、「ダメ」と一蹴(笑)
僕はデモスメンツでした。

去年はaikoやってたっけ。
なかなか外さないでくるね、僕の好みを。

by match-ken | 2006-04-06 10:00 | 音楽  

朝の訪れを微塵も感じない夜、にも朝は来る

4時過ぎに新聞が来て、
4時42分頃に今日一回目の警報機が鳴って始発電車が行き、
空が明るくなり始めてようやく眠くなってくる。

別に不眠自慢をするわけじゃない(そんなのカコワルイだけだ)。
ていうかこうやって一晩中パソコンの前にいるのをやめたらちゃんと眠くなるのだろう。明るいパソコンの画面はどんなに眠くても覚醒させてしまうというから。

要はあれよ、寝るという行為をもったいないと思ってるってことなんでしょ。
寝るより自分にプラスになることをしてるわけでもないのに。

僕より前に寝て、僕が寝るより先に起きて働きに出る人のことを思う。
夜が明けるまで起きてて、3時間だけ寝て部活に出かける僕は何をしたいんやろう?
まっとうであることって、どういうことなんやろう?

幸い僕は、睡眠時間が短いことは、それほど苦にしません。

by match-ken | 2006-03-23 05:37 | 雑感  

『警告』

朝の訪れを微塵も感じない夜
闇がこの先の日本を考えるのか



かつてこの上ない幸せだったはずのことが、
当時よりずっと幸せなはずの今、
物足りなさを覚えさせる要因となっている皮肉。

今ばっちり目が冴えてるのに、
昼間になったら眠くないはずがないという皮肉。

起きてるには長いし、寝るには短い朝までの時間。

新聞が来た。
始発電車が行った。

TVも溜息も時計を滅多に止めない
何が此程迄に虚しさを呼ぶのだ?

by match-ken | 2006-03-02 04:46 | 雑感  

自分でタイトル打ってて恥ずかしくなってくる

高3の通学時の友でした

↑こんな記事を書いて早3週間が経とうとしてますが、未だに東京事変の『大人』は買ってません。しばらく大きな買い物はちょっともう無理です。
てなわけで最近は椎名林檎時代のフルアルバムとしては最後の作品となる『加爾基 精液 栗ノ花』(カルキ・ザーメン・クリノハナ)をよく聴いてます。

それにしてもヒドイ題名ですよねぇ。。リンリンらしいっちゃらしいんやけど、ちょっとあんまりです。
そんな抵抗感もあって、最初の頃はいまいち好きになれませんでした。(買っといてこんなん言うのもナンやけど)
普通にいいと思えるようになったのは、本当に今年になってからかもしれません。
リンリンは年を重ねるごとにどんどんワケワカンナクなっていくのですが、
僕がそのワケワカンナサに少し追いつけた、って感じですかねぇ。まぁまだまだなんやろうけど。

影響を受けやすい僕は、メール着信音を『意識』の着うたにしてみました。
さっき理事メーリスでリーキャンの出欠の返信を求めたとこなんですが、
そのせいで、

♪う~そ~を~つ~くなよ

と林檎さんにひっきりなしに歌われて、ちょっとなんか凹みそうです(n_n;

『やっつけ仕事』のリメイク版が入ってるのが個人的にはポイント高いです。
でも『真夜中は純潔』が収録されてないのが残念です。失敗作やったのかしらん。

おかげで真夜純の思い出を語れないでわないか。え、別に聞いてないって?笑

by match-ken | 2006-01-31 20:24 | 音楽  

高3の通学時の友でした

今度出る東京事変のニューアルバムを買おうかどうか迷ってるのだけど、そんなことを考えてるうちにちょっとまた懐古趣味が出てきちゃって、最近は椎名林檎時代のデビューアルバム『無罪モラトリアム』を繰り返し聴いてます。

リンリンの3枚のフルアルバムの中では、やっぱりこれが一番好きやなぁ。いいかどうかは知らないけれど、好き。
もちろんこの後もどんどん成長していくのだけど、一番研ぎ澄まされてる気がする。だから、一番深く訴えかけてくる。
基本的に僕は曲を聴いて歌詞はあんまり聴かない人やけど、椎名林檎だけは別。いや、正確にはわざわざ聴いてるわけではなくて、歌詞から耳に入ってくる。ちゃんと聞き取れる。
「一番伝えたいことは歌でしか伝わらない」のだとか。「もっとも伝えやすい」とかじゃなくて、「でしか伝わらない」と断言するところには悲壮感さえ漂ってる。

渉氏が度々チャット上で引用していた『幸福論』の歌詞は僕も大好き。本当の幸せって、うん、そういうものなんやと思う。

1曲目『正しい街』を聴くと、思い出すのはいつも高校への通学路。色々考え事をする時間がほしかった高3の年、僕は6、7分の自転車通学から20分かけての徒歩通学に変えた。その道中2日に1回は聴いていたのがこのアルバムで、イントロが聞こえるだけでその頃の記憶とダイレクトにつながる。

何度聴いてもじわっと涙がにじみそうになるのは、最後の『モルヒネ』。クールダウンと言ってしまってはなんやけど、そこまでの10曲で図らずも立ち上がってしまった感情を、静かに鎮めてくれるようなそんな優しさを持ってる。

僕がリンリンファンになるきっかけになったあの子は今どこで何をしてるんやろうな。
東京のとある劇団を目指していたのだけど、ある出来事がきっかけでぷっつり(本当にぷっつりという言葉がよく当てはまる)連絡が途絶えてしまってもう2年ちょっとになる。
でもあれは、僕がそんなに悪かったのかどうか、いまだによくわからない。

君はそんなに好きじゃないと言ってたけど、そんなわけで僕は一人でも椎名林檎を聴き続けているのです。

by match-ken | 2006-01-12 22:53 | 音楽