人気ブログランキング |

タグ:ラーメン ( 14 ) タグの人気記事

 

明大前がラーメン激戦区になりつつある(?)

どさんこラーメンの跡地にできて以来、行こう行こうと思いつつなかなか果たせてなかったのですが、今日の部活帰り、ついに「中田兄弟」初訪問を果たしました☆

あっきーと渉氏が塩で、僕が醤油。あっきーなんてトッピングが全種類乗った「スペシャル」を大盛りにしてました(笑)。なんと1280円也。
まぁ、普通のを頼んでもどさんこの3倍近く払うことにはなるんやけどw、それなりの価値はありました。魚介系の非常に透明感のあるスープで、軽く飲み干せます。

いきなり通りすがりの人が和民の場所を聞いてきたので、店員さんに代わって僕が教えてあげました。
その見返りに、と言っては何やけど、空いてたことやし、気になったことを質問してみました。

Q1 (食品衛生管理者の名前を見て)中田さんじゃなく「仲田」さんなんですね?
 A1 そうなんですよ。めんどくさくて。

Q2 お二人は本当に仲田兄弟なんですか?
 A2 いや、僕は仲田で、もう一人は店員です。(そりゃ二人っきりで回してたら死んじゃうわな)

Q3 「元寿司職人ならではの思いもよらない食材」って何ですか?(企業秘密なんやろなぁ)
 A3 これです。(普通に教えてるし!!)

ただ、「これ」が何なのかは当てずっぽうで言いまくったけど、とうとうわからなかった。
ずっと七輪であぶってるのは気になってた。ごく普通の寿司ネタらしいけど……その続きは次回、ってことで店を出ました。

次こそは当ててやる~!

by match-ken | 2005-05-17 23:16 | 外食時々自炊  

ここが僕にとっての「東京」なんです

神宮帰り、コンパまで時間をつぶしたいという渉氏と二人、幡ヶ谷のブックオフへ行くことにした。

幡ヶ谷は高校の頃、東京に遊びに来たとき常宿にしていたビジネスホテルのある街。東京に住むようになってからは、当然のことながら足も遠のき、今日が実に3年ぶりの訪問です。

まずはブックオフとは反対側になる南口から外に出る。
少し歩くと、ちゃんと今でもあった。本当にごく普通のビジネスホテルなのに、名前だけはやけにスケールのでかいそのホテル。改めて見てみて、こんなに小さかったっけ、と驚いてしまった。
今でも朝食は毎日同じ3種類のパンにコーヒーとオレンジジュースしか出ないんやろうか。
それが抜群においしいからいいねんけどね。

昼食はホテル近くの、室井滋行きつけとかいうラーメン屋で。3年前母と来たときは餃子代を請求するのを忘れてくれてラッキーな思いをしたものですが、今日はしっかり払わされましたよ(←当たり前だ)。

ラーメン屋から出るとやっと本来の目的であるブックオフへ。「上京物語」の再現に長いこと付き合わせて渉氏すまんねm(_ _)m

ところで今日また湘南方面に固定客がいることが判明しました。いやぁ、うれしはずかし(*^^*)

by match-ken | 2005-05-15 18:26 | 途中下車  

最近ラーメン三昧

4限日本文化史のレポートに全てをかけることにし、2限日本史概説Ⅱをついに切ってしまった。。だからといって、日本文化史を取れた自信はどこにもない。共倒れだけはまじ勘弁(>人<)

提出してすぐトンボ帰り、今日は国領へ。
まぁ国領店には一回行ったことがあるので、下見なんてどうでもいいんやけど。単に途中下車の口実がほしいだけ。
ラーメン通にはちょっと名の通った、「熊王」で食べてみた。初めてなので、とりあえずスタンダードなしょうゆ(550円)を頼む。なぜか店員はみな「おしょうゆ」と呼ぶ。
うん、普通にうまい。全然いやみのない、そう、安心感のあるうまさ。いかにも東京でウケそうな(←皮肉じゃなく)。
それはつまり、最初スープだけ飲んで、次に大量に乗せられるにんにくを混ぜて飲んで、それからカウンターのラー油やら酢やらをたらして飲む、なんていう味の変化も楽しめるってことでもあるよね(メニューに餃子ないのに置いてるってことはそういうことでしょ?)。
次回はみそか塩にもチャレンジしてみたいところだ。

ブックオフで本を物色してたら、修からメール。送別会費集めか何かで、珍しく和泉に来ているという。
それで結局和泉へ逆戻り、さらにお茶の水へ行き、今度の「旅」(「旅行」じゃない方)の計画を立て、終電で帰宅(^o^;
今日こそ早く寝るつもりやってんけどなぁ。。まぁいっかー☆

by match-ken | 2005-01-20 02:08 | 外食時々自炊  

2400円の贅沢

b0037793_2514225.jpgジョナサンを出て部室に戻る途中で見た夕焼けがとてもきれいだった。都会の夕暮れも悪くない。明日こそは晴れてくれるだろう。
部室で10分くらい何やかやとして、出発しようと外に出るともう真っ暗。なんなのもう。

あっきーと前々から行こうと言っていた東京佼成ウインドオーケストラの定演。しっかり企画補佐経由で安くチケットを入手していたのに、今日あっきーに言われるまで忘れていた。財布にチケット入れててよかった(-.-)
家に忘れてバンフェ行きそこなった某なんとかの二の舞を踏まずに済みました。
ちなみにゆっきー、未音ちゃんも一緒。A席なのも一緒。

企画補佐を通して買うと、A席が3000円から2400円に、B席が2000円から1600円になる。こういうときにA席を選ぶあたりが、あっきーと僕の価値観がもっとも近づく地点のような気がする。
ちなみに席は2階席の真ん真ん中。ほんとにいいの?っていうくらいいい席でした。

開演20分くらい前から、コンマスの須川展也さんのトークショー(?)。ほとんど何も聞いてなくて、最初と最後に吹いたサックスだけ覚えてる。
チューニングはなぜかA。弦以外にあまりメリットがないようにシロウトは思うのだが、佼成レベルではこれが普通なんだろうか? 誰か教えてください。

実際チューニングの音だけでもうけっこうやばかった。曲は言うに及ばず。
何が?って、そうです、はい、ほとんど寝てました。どの曲も断片的にしか覚えていません。
感想は……断片的な記憶からは断片的な感想しか生まれないので割愛。

金井先生が出ていたけど、遠慮してたのか緊張してたのか、あんまり存在感がなかった。上から見てるとその感は増す。まぁこの辺でよしとこう。
あとあっきーが高校のときの講師の先生もイングリッシュホルンで出てたね。
つまりヘルプがいないと寂しいくらいの人数ってことやもんなぁ。多いことが全てじゃない、っていう代表例やんね、佼成は。

とりあえず寝るのはもったいないです。いくら「観客を寝かせられたら成功」としても、もったいないものはもったいない。次のシエナはしっかり睡眠とってから行きま~す(・o・)
サリューソフォンって結局どんな楽器やったんやろう……。

せっかく池袋ウエストゲートにいるということで、立教大学を見に行ってみた。これじゃまるでお上りさんですね。いや、実際そうなんやけど。
9時過ぎなのにもう門が閉まっていて、レンガの建物は柵越しに望むしかなかった。想像より小さかった。思えば立教って蔦とレンガのイメージはあっても、ランドマーク的なイメージはあまりないもんね。
代わりに外の看板をじっくり観察しました。立教は神宮に行くとポイントがもらえ、5個貯まると選手と写真撮影ができたりサインボールをもらえたりするらしい。涙ぐましいまでの努力やないの(:_;) うちにはそれが足りない。

晩ご飯はラーメン。忠慶に電話して教示を仰ぎ、「ぶぅ」という店にした。こってりという触れ込みだったがむしろあっさりしてた。学生は替え玉が1回タダというのもいい。

帰りはあっきーと東上線で帰ることにした。正直言って、あの子たちと一緒にいるのに疲れてきたのもあった。必要以上にオドオドしてるような気がする。自分の意見を普通に言ってくれる方が楽なのに。まぁそれは僕がどうこうできる問題じゃないけど。
ホームであっきーのお姉ちゃんと遭遇し、一緒に帰った。できればお姉ちゃんがいるときに泊まりに行きたいけど、そうもいかないんやろうなぁ。

朝霞台ではあっきーと一緒に降りて、ブックオフに寄った。そんなことをしてるうちに帰りの電車の時間が危うくなって、走って階段を駆け上がり飛び乗った武蔵野線の電車が逆方向でした。西浦和で乗り換えた電車がかろうじて南武線への最終接続。人生綱渡りです。

まぁそんな一日。

by match-ken | 2004-10-17 02:50 | 部活