それは涙雨か

――夢の中で、僕は甲子園球場の外野スタンドにいた。
  大雨の中、阪神対中日戦が行われていた。

  中日はまだ優勝を決めておらず、マジックは1のまま。
  この試合で胴上げを果たすべく甲子園に乗り込んできたのだった。

  阪神の選手は必死に戦っていた。
  その一挙手一投足に大歓声をあげるファンもまた、必死だった。

  逆転優勝をするには、阪神が残り全勝、中日が残り全敗するしかない。

  でもそんなこと、今となってはどうでもよかった。
  全身全霊をこめて、この試合に勝ってほしかった。
  僕も精一杯声を張り上げて応援していた――
 
[PR]

by match-ken | 2006-10-10 14:57 | 今朝見た夢  

<< 今日だけは巨人ファンでした(笑) マトリョーシカ構造 >>