あれが僕の知ってる新庄だ

なんか、日ハムの新庄が、甲子園での試合前の練習に阪神時代のユニフォームを着て現れたとか。
ライトスタンドの喜びようは想像に難くないですな。生で観たかったぁ(>_<)
(ほんとはそんなことしちゃいけないらしいけどね。でも彼がやったってだけでなんとなく許されてしまう雰囲気が今はあるよね。どうせやめちゃうし~みたいな。まぁ、今日のことは他ならぬファンが喜んでたんやし、よしとしましょうや)

タテジマに、赤いリストバンドの新庄がセンターにいる。
…想像しただけで、なんか泣けてくる。
彼は手が届くほど近くにいたんやなぁ。年間に数え切れないほど見ていて、でもそれが二度と叶わないことだなんて、思ってもみなかった。

そんな新庄が日ハムのセンターSHINJOとして先発出場したその日、
阪神の先発は下柳で、スタメンサードは片岡でした。
お互いのファンにとってなんともたまらない光景やったんやろうね。あと坪井でもいればなぁ。

試合は4-1、日ハムが勝ちました。
ダルビッシュが敵地でよく投げた。ん?彼にとっては敵地でもないのか。
試合後のコメントがなんというか、彼らしいね。

「甲子園で投げるのは、昔も今も普通のこと」

普通と言いやがったよ(笑)
[PR]

by match-ken | 2006-05-19 00:47 | 野球  

<< 途中で降りたのは初めて これは仮説に過ぎないけれど >>