少なくとも僕の記憶には全部残ってる

たまたまつけていたテレビで新庄特集をやっていたので、思わず見入ってしまった。

 92年、プロ初スタメンの第1打席でいきなりホームラン。

 95年、「センスがないと見切った」と言い放っての引退宣言。
 たった2日後に撤回。

 99年、投手との二刀流に挑戦(もちろんノムさん一流の操縦術)。

 同、槙原の敬遠球を打ってサヨナラヒット。
 試合後のヒーローインタビューでの「明日も勝つ!」と、次の日の負け。
 
 懲りずに秋口にまた「明日も勝つ!」をやって、次の日から12連敗。

 00年オフ、てっきり阪神残留かヤクルトで迷ってるのだと思ってたら、メジャーへ。

 03年オフ、日本球界復帰。まさか日本ハムに来てくれるとは!

 06年4月4日、野球少年の「新庄コール」に、手を振って答える森本(それは関係ないか)。

 同4月18日、2本塁打を打ってのお立ち台で、いきなりの引退宣言。

実は日米通算で212本もホームランを打ってるらしい。
ゴールデングラブ賞は数知れず。

でもまぁ、みんな言ってることやけど、
「記録より記憶に残る選手」やったんやろなぁ。
だって甲子園に通い詰めてた小中学生の頃の阪神の記憶は、
ライトスタンドから見る赤いリストバンドの後ろ姿やもん。

たぶん今度ばかりは撤回しないと思う。本当に今季限りなんやと思う。
だから、今年はなるべく多くの、関東での日ハム戦を観に行くつもりです。
[PR]

by match-ken | 2006-04-20 10:36 | 野球  

<< 飽きもせず… 今日はまた暑いくらいやね >>