人気ブログランキング |

ご心配なく。すべて好きでやってることなんで

5ヶ月ぶりに訪れた逗子海岸のデニーズ。一人、前夜に逗子入りした僕は、海辺の席で朝を待っています。
今日は前回とは比べものにならないくらい混んでる。祝日前夜の湘南を甘く見てはいけないね。

この平穏な時間を得るまでにはけっこう紆余曲折がありました。が、長くなるので帰ってからパソコンで書きまーす。

今夜の友は、おかわり自由のアメリカンコーヒーと、京急川崎で途中下車して買った鷺沢萠の小説。目標はあと5時間で5杯&読了。れでぃー、ふぁいっ。




<ここから紆余曲折編>
逗子到着時点で財布の中身は千円札1枚と、一円玉が数枚。
明日森戸海岸までの往復のバスで確実に400円近くは使うから、残り600円。そんなんでファミレスで一晩分も注文できるのか? ってかスネアをコインロッカーに入れたい。

残金がやばいことはわかってたし、川崎のコンビニでお金をおろそうとしましたよ、もちろん(ちなみに本は図書券で買いました。現金は4円しか出してませんw)。
まぁ、統合作業に忙しい僕のメインバンクが週末の営業を休んでるのは百歩譲って許そう。
でも郵貯まで使えないのは許せんっ! 
…だなんて、贅沢な世の中になってしまったものですが。

えーと、逗子駅前のスリーエフには、湘南銀行のATMしかありませんでした。それも21時で終わりの。別に元から期待なんてしてませんがねー。

いやぁ、普通に困ったね。上りの最終も出ちゃってみっきー家に転がりこむという退路も断たれてしまった。

ふとある考えが浮かんで、駅の窓口へ。
そこではさっき出た最終を逃した男が駅員と口論していた。全くの水掛け論だった。
男が引き下がったので、僕の番。
「すいません、Suica払い戻してほしいんですけど…」

本当の本当に金に困ったときの例え話としてはよく言いますよ、この技。でもまさか現実に自分がすることになるとは思いもよらなかった。
まぁとにもかくにも、デポジット500円+(残額-手数料210円)の690円が手元に入ったわけです。

逗子駅には小さいロッカーしかなかったので、新逗子まで歩いて400円のロッカーにスネアと五十嵐くんを入れ、身軽になった体で海岸を目指す。足取りもずっと軽い♪
……♪そーのときなのー もーしもし……

「ちょっと待ってくれる」

人生初の職務質問ですよ。格好がコレなだけで、別にやましいことしてるわけじゃないので学生証を見せる。
「1984年…昭和でいうと何年?」
『(映画館かよ)59年です』
「何歳?」
『21歳です』
「他に身分証明できるものある?」
カード式の保険証持っててよかったぁ。ここまでやって、さらに明日朝が早いので前夜に逗子に入ったことを説明すると納得してもらえました。
「他にもそういう人いるかなぁ?」
『たぶん僕だけだと思います』
「そうか。変な人もいるから気をつけてね」
『はい、ありがとうございます』

デニーズに行く前に、前5月に来たときの釣りスポットに寄ってみた。ちょうど引き潮の時間だったらしく、海面がずっと低く感じた。風もあんまりなくて、ここで寝るのもいいかな、って一瞬思ったけど、自重してデニーズに向かいました。

その後は本文に続きます。長くなりすぎたので、頭に入るまでどうぞ何周でも読んでください(笑)

by match-ken | 2005-10-10 00:55 | 部活  

<< カクテル占い 愛しい、でもなく、恋しい、でもなくて >>