人気ブログランキング |

「いい試合」でした。

でも、いい試合なんてしなくていいから、勝ってよ。
まだ終わりたくなかった。

日本通運(さいたま市) 2-3 三菱ふそう川崎(川崎市)
家に帰ってからもう一度GAORAの録画中継で観ました。直前まで生で観てた試合をまたTVで観てるってのは何とも不思議な気分でした。

今日の日通は、当たってない4番小松を清水に、7番新垣を仲村渠(なかんだかり)に替えてきました。ソロでしか得点できなかった前試合を受けてのことなのかもしれない。けど、4番を代えるのって、なんか落ち着きがなくて心配になってしまう。

1回裏、新保にいきなり先頭打者ホームランを打たれる。たった1点なのに、「なーんかこのままコールド負けしちゃうのかなぁ…」なんて気になってしまった。後から聞いてみると、そう思ってた人は多いらしい。

でも2回表には、すかさず同点に追いついたのです。それもここまで本選ノーヒットの鈴木のタイムリーで。今年の日通の恐いところは、どこから攻撃を始めても点が取れるところじゃなかろうか。

その後は締まった展開。二度あった1死満塁のピンチもしのいだ。西郷のブレーキに助けられたところもあるけど、何と言っても濱元がよく投げたよ。

そして8回表、澤村の打球はレフトスタンドへ。日通は2番打者だってホームランが打てちゃうのだ。
も、もらった。
みんなそう思ったに違いない。

その思いを打ち砕いたのは、ふそう・佐々木(8番打者だぜ)。ランナーを一人置いてライトへ打ち上げた打球は、差し込まれながらもフラフラとスタンドへ。
応援席が凍りつく瞬間を体験したのはもう3度目です。

結果はすでに上に書いちゃったんで、あんまドラマチックには書きません。
でも、日通は期待通り、このまま終わらないでくれたのです。
2死から仲村渠の死球と山根のツーベースで2、3塁のチャンス。ここでバッターは9番鈴木。
鈴木さんごめんなさい。ここで他の誰かならなぁ、って思った自分がいました。さすがにもう1本は期待できなかった。結果は空振り三振。

今年の都市対抗はこれで全て終了。
もともと持ち企業の中で一番好きになれなかった日通。
でも選手のひたむきさとか、試合を重ねるにつれて表情に真剣さが加わっていく新入社員を見てるうちに、最後まで行きたいと思えるようになっていた。

来年も予選から呼んでくれるとのこと。雨で流れて、富士重とかぶったりしませんよーに。あと、選手がドラフトにあんまりかかりませんよーにw

by match-ken | 2005-08-31 00:25 | 野球  

<< 統一基準を設けてそこに安住して... なんだかんだ言ってもHRは野球... >>