<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

ゆきーがとけてかわーになってながれてゆきます

仕事を終えて、
会社の階段を下りているとき、
地下鉄の窓に映った自分の顔を見ているとき、
ほとんどの店がシャッターを下ろした後の商店街を歩いているとき、
自分の内側から、

「何のために」
「誰のために」

という問いが湧き上がるのを止めることができないでいる。

「何のために」「誰のために」、何なのか、うまく言葉を接ぐことができないので、
問いとして成り立っていない気もするけど。


でも、「何のために」「誰のために」何なのであれ、答えは僕の中で2年ほど前に出てしまっている。

答えなんてない、という、答え。


それでも問わずにはいられない、人間の業の深さ。

人生がアタマからシッポまで「何のため」でも「誰のため」でもないからといって、
「何々のため」「誰それのため」に生きてはいけないということではないのだ。

無意味さを徹底的に自覚したうえで、なお意味を見出して生きている人の人生は、
とてもあざやかなんだろうと思う。

さて、それでは僕は、「何のために」「誰のために」、
会社に行ってみようか、遊んでみようか、……生きてみようか。


春先はいつも、感情の触れ幅が大きすぎてまいってしまう。
それでも以前の春と比べれば、あらかじめ予測していた分、ずいぶん楽に過ごせている。
そうやってどんどんこなれていくんやろかね。それはいいことなんでしょうよ。
[PR]

by match-ken | 2009-03-18 23:49 | 雑感