<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

新幹線は暴力を運ぶ

出張帰りの上越新幹線。
越後湯沢からスキー帰りとおぼしき外国人4人組が乗ってきた。
座席を回転させて席に着くなり、缶ビールを開けて大騒ぎ。
うるさいのなんのって。疲れていて寝たかったけどうるささのあまり眠れず、本を開いても全然集中できない。

よっぽど何か言ってやろうと思ったけど、僕の英語力では穏便に静かにさせられるだけのセンテンスが思い付かない。Please,be quiet...Would you be quiet?...わからん。
僕が英語をしゃべれないのが悪いのかもしれないけど、
抵抗する手段を一切奪われた状態で与えられる苦痛は、暴力的、いや、暴力そのものだと思う。

同じ電車のワゴンサービスは、なぜ猛スピードで往復していた。
ガラガラと音が聞こえたからコーヒーでも買おうと思ったのだけど、
呼び止めようとした瞬間にはもう、5メートルくらい先に。
次こそ!と思って戻ってくるのを待ち構えていたけど、またしてもタイミングがとれず失敗。
呼び止める隙さえ与えない車内販売。これもまた暴力なんじゃなかろうか。

暴力とはたぶん、理不尽な悪意、圧力、無視、そういったものの総称なんだと思う。
[PR]

by match-ken | 2009-01-19 19:22 | 雑感  

呼ばれてもいないのに勝手に駆けつける予定です(笑)

もはや恒例行事となった、吹奏同期元文学部生飲み。
今回は彩ちゃんの幹事で、新宿の居酒屋で鍋パーティーでした♪
遅刻も含めると全員が出席!
ほどよい人数と絶妙な人物構成。部内でも指折りの名ユニットなのであります。

話題の中心は、言うまでもなく某氏の結婚。
予想通りの一番乗りとはいえ、
「ついに同期から結婚する人が出るんだねぇ」と感慨に浸りました。

もちろんこれから2人目、3人目と出てくるのだろうし(たぶん)、
だんだんと普通のことのように思えてくるのかもしれないけど、
この何とも言えない感慨は忘れずにいたいな。

時はほんの一瞬も止まることなく、前へ前へ流れているのだ。
僕自身はいま、完全に後ろ向きの時期に入っているのだけれど、
自分の足元だけは、ベルトコンベアのように流れ続けているということを思わずにはいられない。


この刹那的な時代に、長い時間をかけてじっくりと一つのものを育て上げ、
ここまで持ってきた二人を、誇りに思います(なんでか上から目線)。
なんだか自分のことのようにうれしい。
末長くお幸せに。
[PR]

by match-ken | 2009-01-17 23:48 | 部活  

通勤でさえ無理矢理「旅」に捏造する。

会社を出て、もうすぐ駅というところで、パスケースを置き忘れてきたことに気づいた。
でも、戻らなかった。

モバイルSuicaで入場し、せっかくなのでと(何がせっかくなんだか)定期とは別ルートで帰ってみた。
飯田橋から、日吉行きの南北線に乗り、大岡山経由で荏原町まで。
なんと全区間で座れることが判明! 読書するにも居眠りするにも申し分なしの50分間でした。

よし、明日の出勤はこの逆ルートにしよう。


……こんなことしてるから、いっこうにお金が貯まらないんやろな。
[PR]

by match-ken | 2009-01-14 21:09 | 途中下車