<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

にわか再編

ほんの少し前の話にはなりますが、
6月いっぱいのトレード期限を前にして駆け込むように2つのトレードが成立しましたね。
2つですが、からんだ球団はハムとオリとロッテの3球団。

先発で投げさせてくれないなら出してくれと言ってたオリックスの吉井。
平下とのトレードでロッテに行きましたね。
バレンタイン監督とはメッツ時代に一緒にやってるので実力を知ってのことでしょう。
さっそく先発で起用するみたいですよ。それもオリ戦でね。
平下はどこ行ってもトレード要因やなぁ。
阪神にもいたよ。われらの~ひ~ら~し~た~♪



その話題よりもやっぱり気になるのは、
ハム木元・清水と、オリ萩原・歌藤のトレードです。

木元は未だに2005年のプレーオフ西武戦での同点2ランが語り草になってます。
逆に言うとそれ以降目立った働きをできてないのですね。(ただ一つの活躍でも、その後何年も語り継ぐに値する一発ではあった)
去年からカラーががらっと変わったチームから、一人取り残されてた印象です。
今年こそは、と臨んだ今シーズンは開幕ダッシュに完全に失敗し、打率は1割を切る始末。二軍落ちまで経験しました。
札幌ドームで凡退したときにはブーイングを受けたりもしました。一生懸命やってないわけはないのですが、彼特有ののほほんとした雰囲気がファンの癇にさわったのかもしれません。
ネタ球団日本ハムでも一級品のネタ選手だったのですが、とうとう放出という最上のネタでハム生活を終えることになりました。
正直彼は環境を変えるほかなかったと思います。新天地でもネタキャラで終わることのないよう、しっかりその潜在能力を引き出されて活躍してもらいたいものです。ハム戦以外で。

  ♪闘志の漲る その鍛えた腕(かいな)で
     道産子の夢をボールに乗せろ 勝利を目指して♪

ハム選手の応援歌の中で一番好きでした。低い歌い出しから階段を踏みしめるように一歩一歩上がっていく感じが歌詞ともよく合っていた。道産子はじめ全国のハムファンの夢は、生まれ育った関西の地で叶えてください。
僕が4年の春合宿の最終日、一人に海辺まで散歩したとき、
そこで口ずさんだのはなぜか、木元の応援歌だったのです。


清水についてはいまだに忘れられない出来事が。
もう8年か9年も前のことですが、見るものがなくてとりあえずつけていたグリーンスタジアムのオリックス×日本ハム。
その日先発した清水は、1回裏いきなり6点を奪われ、1死も取れずにノックアウトされたのでした。
それだけのことです。彼はその後も何度も見てきたはずなのに、なぜかそのときの記憶しか残っていません。ある意味木元の同点2ランよりすごいね(苦笑)。
ですけど彼も故郷は大阪。ぜひ再起を期して頑張ってもらいたいです。


さて新加入の萩原と歌藤。彼らもハム戦士の名に恥じないネタキャラですよ。

萩原は、野手として入団するも花咲かず、未経験の投手に転向し、
中継ぎ、時に先発とフル回転するタフな投手として再生した経験の持ち主です。
あの球団はそういうのが好きみたいですね。一度野手転向させたものの、外野手登録のままシーズン中に投手に戻して一軍で投げまくった嘉勢とか、五十嵐とか(それは違う?)。

もう一人、歌藤は、その酷使っぷりから、ついたあだ名が「過投」。
入団会見で「毎日でも投げられる」と言ってたので、まだその気らしいですよ。
久お兄さんと左右で酷使されまくってください☆
[PR]

by match-ken | 2007-06-28 21:19 | 野球  

なんか知らないけど、

他力とはいえ単独首位に躍り出てしまいましたねぇ。
(ついでに言うと、「日本ハム」タグもトップタイだった「阪神」を抜いて単独首位に)

ロッテを倒してくれた横浜は、どうやらハムに好意的なようなので、
明日はきっと勝たせてくれることでしょう(笑)。

せっかく横浜での試合なわけやし、観戦に行きたいけど、
どうせ試合開始には間に合わないし見送ろかなぁ、と今は思ってます。
[PR]

by match-ken | 2007-06-25 23:58 | 野球  

その場のリクツより、その背景を

論理。

と、
論理的な詭弁、飛躍、すり替え、

と、
もはや論理的とは言いがたい開き直り、逆上、放棄、沈黙。


それら全部をいったん受け止めて、受け入れて、
でも決して迎合はせず、
大事なことだけを抽出して再提示できるだけの人間になれれば、
少しは真のやさしさに近づけるのかな。
[PR]

by match-ken | 2007-06-25 02:04 | 雑感  

交流戦優勝!

それを飾るにふさわしい試合でしたね。

今日は甲子園での阪神戦ということで、テレビもラジオも見られないとあきらめていたんですが、たまたま近所の商店街をぶらぶらしていたら、電器屋のテレビで映っていたのです!
液晶テレビの美しさを示すには、NHKのハイビジョンを映すのが一番なのでしょう(笑)。
店員さんが、
「今は薄型が主流ですからね」とか、
「あちらにもっと小さいのがありますよ」とか話しかけてくるのに生返事しながら、
一番大きい40型の前で見入っていました。

1回表、阪神先発の福原が小谷野の顔面に当てて危険球退場。小谷野は大丈夫だったようで、元気に出てきました。よかったよかった。日ハムは3点先制。
1回裏、屋外のデーゲームが超苦手のダルビッシュ、4失点であっさり逆転。

このままバカ試合になるのかと思いきや、2回以降急に試合が締まってしまった。
金子誠のタイムリーで追いつき、試合は延長に。ダルはなんだかんだで今日も9回投げきりました。いい日も悪い日も、君はえらいよ。

10回表の決定機を逃し、もう今日は引き分けかなと思いきや、
11回表、脱脂綿を鼻に詰めた小谷野が決勝2ラン!いろんな意味でおいしい一日になりましたね。


ひぁー、それにしても優勝ですか。17勝4敗1分。こんだけ勝っててもここまでもつれたんやから、巨人やロッテも相当強かったんやなぁ。

ボロ勝ちもボロ負けもほとんどなかったから、毎日いい緊張感を持続できていたのだと思います。
松山で連勝が止まったとき、たしかに悔しかったけど、ずるずるいく心配はしなかった。
それは、連勝中少しも浮かれていなかったからやと思う。選手も、スタッフも、ファンも。
毎日当たり前のことをきちんとやってきただけだったから、それを続けている限りは、そう簡単に負けたりはしないし、負けてもおかしな負け方にはならなかった。

誰かが引っ張ったというよりは、各々が持てる力を出し切れたからこその結果だと思います。
その意味では、どこのチームよりも「チーム」として強いんじゃないかな。
若手でも起用されればすぐに力を発揮して、チームの穴を埋める。
選手の力を余すところなく引き出しているのは、プロの世界では忘れられがちな、
「仲良さ」とか「明るさ」とかであったりはしないだろうか。

としたら、
ハムはこれからもずうっと強いよ。
[PR]

by match-ken | 2007-06-24 03:14 | 野球  

総力戦。

かろうじて日付はまたがなかったものの、長かった…。
19時過ぎに帰ってきて、パソコンの前に座ったが最後。
試合終了まで飯も食えず、風呂にも入れませんでした。
なんかそわそわしちゃって、立って見たりよそ見したり、まるで落ち着いて観戦できませんでした。

先発は19歳吉川と44歳工藤、25歳差の両左腕……だったのだけど、その辺のことはもう忘れた。先発が早く降板すると試合が後々までもつれるのはセオリーってもんです。

ほんとのほんとにいい試合だったんです。
あまりに色々ありすぎて、そしてその色々の一つ一つの内容が濃すぎて、うまく順を追って説明できないんですが……。

印象に残ってるのは、一つ一つの表情。

大矢監督への退場宣告を聞くと、血相を変えて審判に食ってかかった石井。
戦力外通告、トライアウトを経て再びマウンドに返り咲き、しかも古巣を相手に投げる横山の充実した表情。
その横山を迎えうつ、10回裏の金子の鬼気迫る表情(マックはいつでもニヤニヤしてるもんやと思ってた)。
いつになく顔に動揺表れまくりの押本。
対照的に、お前は少しも怖くないんかいっ!って言いたくなるほど、投げることが楽しくて仕方ないって感じの金森。
すんなり勝ってれば間違いなくヒーローだった信二の派手すぎるガッツポーズ。


ゾクゾクするようなシーンも目白押しだった。

金子のスクイズ失敗。露骨に警戒されてる中で決行した方もした方やし、ちゃんとその一球をウエストした方もした方やと思う。ダメ元で放り投げられたバットが切なかった。
「江夏の21球」を生で見た人はこんな気持ちやったんやろうな、って思った。

11回裏、セギノールに代走・須永。窮余の策というわけでもなく、いたって大真面目な采配。
そのときベンチに唯一残ってた野手の鶴岡より断然足は速いとかで。
バッティングもいいらしい。真剣に野手転向を勧めます。

そして、札幌ドームのファン。ほんとに、心から敬服します。
外野席はほとんどが最後まで残って、鳴り物がなくなっても声を張り上げ続けてた。
日本ハムが、そして野球そのものが根付いてた証拠だと思った。


だってこんな長い試合、(自分で言うのもナンやけど)真の野球好きでなきゃ最後まで観通せませんぜ。
逆に言うと僕は、野球好きでよかったと、こんな試合に巡り合うと思うのです。
[PR]

by match-ken | 2007-06-15 00:58 | 野球  

ゲームセット!

第1志望の会社から内定をいただきました。
これで4ヶ月半ほど続けた就活を終えることに決めました。

とある本でその名前を知って以来、第1志望に据えたこの中堅取次会社。
2社目の内定が出た時点で、他の会社を全部切ってここ一本に絞り、
受かっても落ちても最後にするときっぱり決めたのですが、
その暴挙のおかげかどうか、そこにも受かってしまったのでした。

でも今の僕は、その喜びよりも他の2社に断りを入れなくてはならない辛さでいっぱいです。
目を閉じるとすぐにお世話になった人事の人の顔が浮かんでくる。
僕を求めてくれているという感じは、正直言ってその2社からの方が強く受けていました。
話もよく聞いてくれたし、即答しなくても納得いくまで就活を続けてくれていいと言ってくれました。

退路を絶ったのは、もしかしたら落ちてそっちに収まりたかったからではないのか?なんて自問してしまう。

でも僕は、会社ではなく、人でもなく、「やりたいこと」をとったのでした。
辞退した会社に、僕よりも行きたかった人がいたかもしれない。
そんな人のためにも、僕は自分が選んだ道を真剣に歩まなくてはならない。

もっと手放しで喜ぶところなんやろうけど……まだ就活頑張ってる人が読んだら贅沢すぎると気を悪くされるかもしれません。ごめんなさい。
今はこの曇り空みたいな気持ちが、僕の正直なところなのです。
[PR]

by match-ken | 2007-06-13 12:49 | 就活  

それは不思議と優しい感覚なのでした

変な夢を見た。
妊娠させてしまったのだ。

気付いたときにはもう臨月。
もっと早く気付くやろ!ってツッコミ入れたくもなるけど、
そこはまぁ夢の世界の話なので。

不思議と悪い感じはしなかった。
あわてふためいたりもしなかった。

ただ、
「これでもう永遠に二人っきりの時間はなくなるんやなぁ」
とは、漠然とながら、感じてた。

実際問題、自分の子どもに嫉妬したりはしないんやろうけど、
それはそれで一つの物の見方なのかな、とは思った。
[PR]

by match-ken | 2007-06-13 08:08 | 今朝見た夢  

負け男西上す。

b0037793_20143673.jpg

俺は、

…はるばる四国松山の地で、


……日ハムの連勝を14で止めてしまった。
[PR]

by match-ken | 2007-06-09 20:14 | 野球  

この居ても立ってもいられないほどのジレンマ

今年もやってきました、日本ハムと阪神の交流戦。

家に帰ったときは、すでに日ハムの大量リード。しかも先発のダルビッシュの調子もすこぶる良くて、こいつぁ左ウチワで観られるわい♪

……と心からは思えなかったのです。

最近ではすっかり阪神とは疎遠で、完全に日ハムを応援してしまうだろう、
と始まる前は思っていたけど、
いざ画面を通じて、数では明らかに勝る日ハムファンに全く負けていない声援を送る阪神ファンを見ていると、昔取った杵柄。トラキチの血がたぎってくるのでした。

ダルビッシュは余裕を持って8回で降板。まぁある意味中1日ではあるもんね。この4日間で3回「先発」してます(笑)。調整大変やったやろなぁ。
ダルの後を引き継いで、須永が最後のマウンドに向かいました。

…ん。須永。阪神戦。

そうや、去年初めて生観戦したオープン戦対阪神戦。そのときの先発が須永やったんや。

その後見た光景はまさにデジャブ。
四球でピンチを作り、ストライクを取りに行った球を痛打。金本に満塁ホームランだなんて、そこまで再現しなくてもいいのに。見事な炎上っぷりでした。何も変わっちゃいない。君は二軍で何をしてきたんだ。

代わった江尻も流れを止められず、結局マイケルまで投入する羽目に。
ただで10連勝したりせず、苦しみながら勝ち取ったような演出をしちゃうところがハムのネタ球団たるゆえん。

うーん。なんとなくすっきりしないのは、試合展開のせいだけとは言えないだろう。
この対戦は、どちらかは勝つといううれしさよりは、どちらかは必ず負けるという悔しさが先行してしまう。
だからがどっちが勝とうがもう一方は負けるわけで、すっきりなんかするわけがないのだ。

日本シリーズで当たる心配は……ないやろな。ふっ。
[PR]

by match-ken | 2007-06-02 22:23 | 野球