<   2006年 09月 ( 36 )   > この月の画像一覧

 

なにしてるんやろ、おれ

少なくとも、「今日は信じよう」と思った日は必ず、
信じた通りになっているのでまだ救われています。

でも、信じるとか信じないとか、
そんなこと考えないでいられるのが一番なんやろうな。
[PR]

by match-ken | 2006-09-30 23:11 | 雑感  

プロ野球好きとして一番つらい季節

そろそろ各チームから戦力外の便りが届く季節です。

それは日ハムも例外ではありません。
プレーオフに向けて盛り上がっている陰で、6人の選手が戦力外通告を受けました。

その中には、
2004年の最優秀救援投手で、プレーオフ進出の原動力となった横山や、
白血病を克服して今年日ハムにテスト入団し、一軍で復活登板を果たした岩下の名前も。

岩下の今季初登板は、東京ドームで生で観てただけに残念でなりません。。
正直、あれではダメやとは思ったけども……。

でも僕にとって、誰よりもハムを去るのが残念なのは、井場友和投手です。
なぜって、彼は現役唯一の富士重工業出身の選手だからです。

その豪速球が見込まれて、一時は抑えにも抜擢されたりもしたけど、いかんせん不安定すぎました。コントロールも、メンタルも。ああ見えて、意外と繊細なのだとか。

現役続行を希望しているらしいけど、彼にはぜひ、
富士重に帰ってきてほしいです。
[PR]

by match-ken | 2006-09-30 00:32 | 野球  

これからはあるくのだ

最近、ちょっとやそっとの距離(時間にしてだいたい30分以内)ならなるべく歩くようにしている。

普門館からうちとか、神宮から新宿とか、下北沢からうちとか、
第一校舎の1階から5階とか(これはちょっと違うか)。

歩いていると、頭がすっきりしてくる。
ずっと頭を覆ってたもやもやした感情が、どっちだっていいことのように思えてくる。


  僕は高校のとき、2年までは自転車で通学していた。
  通学路はアップダウンが激しかったのだけれど、
  それを逆手にとったかなりアクロバティックな走行で6、7分。
  よく無事故で済んだものだと今になって思う。

  でも3年生になってから、徒歩通学に切り替えた。
  いろいろ考え事をする時間がほしかった。
  歩けばその時間が20分はとれるから。

  私立専願に切り替えるか、あくまで国立も受けるか…
  家を出たい…一人暮らししたい…僕がいなくれば妹も少しは…
  僕が来年暮らしているのは、京都なんやろうか、東京なんやろうか…
  慕ってくれていたのに、その気持ちを傷つけてしまった後輩のこと…
  僕が好きなひとのこと…僕を好きなひとのこと…

  時には遠回りして、小学校のときの通学路を通ってみたり、
  あまりの寒さに耐えかねてそば屋に寄ってみたり。


今僕はまたそんな時間を必要としているのかもしれないな。
家にいても自分がどんどんダメになっていくのがわかるから。

外に出よう。歩こう。
[PR]

by match-ken | 2006-09-29 23:39 | 途中下車  

1時間半も早く着いちゃった

向ヶ丘遊園がミスドのある街でよかった(笑)

3月まで何回でも使えるけど、ここでしか使えない割引券をもらった。
それまでに何回来るんやろなぁ。
[PR]

by match-ken | 2006-09-29 11:03 | ミスド  

永遠に満たされないスパイラル

絶対量が足りてないからって、
時間を少しでも引き延ばすことばかりを考えて、
中身のことをまるで考えない。

非日常を共にするよりは、
日常を共にする二人でいるべきだ。本当は。

でもまだそれが日常ではないから……
[PR]

by match-ken | 2006-09-29 09:08 | 雑感  

僕は「彼」としか一緒に仕事したことないですから

まずは何も言わずこれを見てください。
できれば、第1話と第2話も。

“吉ブーさよなら物語”

少なくともここ5年間で一番、泣く限りなく寸前までいった。

それくらい彼は、僕にとっての「吉野家」だったのだと思った。
[PR]

by match-ken | 2006-09-28 00:05 | バイト  

びびび

うん、通じ合ってる。

まだ大丈夫や(笑)
[PR]

by match-ken | 2006-09-27 13:08 | 雑感  

感電したあのときの感受性は残っているかな

渉氏が卒論で中島敦を取り上げるつもりだという話を聞いて、
急にまた読みたくなってきた。

高2のときに現国でやった『山月記』。感電してしまった。
これは他のも読むしかないな、と本屋に買いに走ったのが、新潮文庫の『李陵・山月記』。
表題作の他に、『名人伝』と『弟子』が入ってて、
まぁこれだけ読んでればつかみはバッチリって感じですな(笑)

遠目に見ると、漢字だらけでとっつきにくそうな印象ばかりを受けるのだけれど、
実際読んでみると、すんなり入ってくるのがなんとも不思議な感覚でした。

とりあえずはこれを再読しようと思い、本棚から引っ張り出してきて、カバンに入れておいた。
読み終わったら、南国ものでも読んでみようかな。
[PR]

by match-ken | 2006-09-27 02:45 | 読書  

なんかもう本当にどうしよう

日本ハムに1位通過マジック1が点灯です!

八木をルーキーだと思って見てる人がどれだけいるやろう?
彼はもはや、エースですよ、エース。
難攻不落と思われた斉藤和から、セギノールが先制2ラン。
ケンスケのあまりにも効果的な中押しソロ。
そして7回はクリーンナップ揃い踏みで5点のビッグイニング。
最後はこの大差でもあえて武田久→マイケルという必勝パターンを見せ付けつつ締める。
なんなんだ、この完璧すぎる試合運びは。

シーズン終盤のこの息詰まる展開にも、金村の雰囲気ブチ壊し発言にも、
選手たちは全く動揺してないようです。
むしろいつも以上に野球を楽しんでやってる感じさえする。
そこが逆に、優勝争いから無縁だった強みなのかもね(笑)


一方、所沢の西武×ロッテ。松坂がまさかの6失点で、西武が敗れました。
彼ほどの投手でも重圧を感じていたんやろうか? ちょっと信じがたい結果でした。

今日の結果で、まずソフトバンクの3位が確定。
明日は、
日本ハムが勝つか引き分ければ、文句なしに日本ハムが1位。
日本ハムが負けても、西武も負けるか引き分ければ、これまた日本ハムが1位。
日本ハムが負けて、西武が勝てば、2厘差で西武が1位。
まぁつまり、9分の8の確率で1位通過というわけです。
プレーオフがあるとはいえ、シーズン最終戦まで1位が決まらないなんて、伝説の「10.8」以来じゃないかな。本当に、すごすぎる。その争いの中にハムが入ってるという事実もまた。

そわそわ。明日はオフだあ。
[PR]

by match-ken | 2006-09-26 23:01 | 野球  

教訓を生かして

もう一足の黒靴(あまり気合い入ってない日用w)のかかとも、ラバーがすり減ってヒールにまで達しようとしていたので、今日修理してきました。
前回の反省を生かして、ラバー交換だけで済ませたので、だいぶ安く済みました。

その場で脱いで出したら、代わりにスリッパを貸してくれた。
そのスリッパはちゃんと「MISTER MINIT」のロゴ入りだった。
いや、それくらいのものは用意してて当たり前なんやろうけど、でもその用意周到ぶりがなんだか心地よかったな。

これで当分の間気兼ねなく歩き回れるぞ♪(革靴でか?)
[PR]

by match-ken | 2006-09-26 14:04 | 日々の生活