<   2006年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

楽天相手に苦戦しすぎでしょうがぁ(笑)

なーんてね♪ 勝ってよかった!
今日は最後までハムに付き合おうと決めてたからね。
稲葉さまさまですよ(^-^) 今日4安打やで!
それと早々と降板した立石の後にゲームを作り直したリリーフ陣!
満塁をしのいだ武田久、三者三振を奪った岡島、2イニングを完璧に締めて勝ち投手になったマイケル、みんなよかった!

僕が見てると負けるなんてジンクスもあったけど、
楽天戦に限って言えば、「苦戦するけど勝つ」ようです(笑)
そういえば、前に見た楽天戦も、稀哲のサヨナラ打で勝ったんやっけな。

3日、所沢での西武戦、何もなければ絶対に行くぞ!!
[PR]

by match-ken | 2006-08-31 23:30 | 野球  

うれしさよりも、「何を今さら」って気持ちの方が強い

春神宮でなくした僕の黒いカバンが、返ってきた。
真っ白にかびて、でも中身は無傷で。
なぜか明スポの部室にあったらしい。
中身を見て好意で届けられたとか、部員が自分たちのだと思って持って帰ってきたとか、いろんな説が飛び交ってるけど、真相はわからずじまい。

中には、
使用停止にしてただの紙片になった、通帳、キャッシュカード、クレジットカード、
作り替えた印鑑、買い換えた手帳、
読んでる途中だったからすぐに買い直した『神様のボート』の文庫本。
カバンそのものだって、あんなにかびてちゃ使いモノにならない。。

まだ使えるのは、
なくした日修からもらった2枚のワイシャツと、
現金12363円と、種々のポイントカードと、
タイガースの3色ボールペンと、湯島天神のシャーペン、くらいかな。十分か。

一度気持ちを切ったものと、再び生活を共にするのはなかなか難しい。
別れた彼女とヨリを戻す感覚に似ている。


そんな経験はないけどね。
[PR]

by match-ken | 2006-08-30 20:22 | 日々の生活  

生田の職員食堂でのひとコマ

「誰かを好きなのって、結局自分が好きってことなんやろうなぁ」
と呟いた僕に対して、
間髪入れずに、
「そうか?」
と返してきたnisyiを、この日ばかりは心から尊敬せずにはいられなかった。
[PR]

by match-ken | 2006-08-30 12:29 | 雑感  

母親にとっての“命の恩人”なのだとか

その優しさに、少し甘えすぎているのかもしれない。

加藤諦三が何かの本に書いてた。
「不機嫌は、甘えの表れである」
って。
子どもなら、満たされないときには、
泣いたりわめいたりすればいい。
いい大人は、そうするのが格好悪いから、
不機嫌になることしかできないんやって。

僕はただ、甘えてるだけなんだ。
[PR]

by match-ken | 2006-08-30 09:34 | 雑感  

みんな非難囂々やったけど

初対面でもいきなりあいさつしに行くべきやったんやろうか??

だって、僕の存在すら知らないのに(!)。
[PR]

by match-ken | 2006-08-27 13:58 | 雑感  

笹塚6:53発の各停は、

京王線新宿行きなのに、新線用の3番線を発着します。

一日1本だけこんな不可解な行動をとるのは、
ポイントを錆びつかせないため、だとか。
[PR]

by match-ken | 2006-08-27 07:01 | 途中下車  

4時間睡眠明けの決意

今日で燃え尽きる!!!

でも31日にも燃え尽きて、
3日にも燃え尽きて、
4日……(以下略)

「常に全力!」
って、つまりそういうこと。
[PR]

by match-ken | 2006-08-27 06:35 | 部活  

ないよりはあった方がいいモノたち

最近立て続けに受けた二つの好意。

一つめ。
銭湯の洗い場で石鹸を泡立てて、大してないヒゲを剃っていたら、
隣のおっちゃんが、
「これ使いな」
と言ってシェービングクリームを貸してくれた。
生まれて初めて石鹸以外のものでヒゲを剃った。
気持ちよかったのは、なにもスースーするからってだけのことではない。

二つめ。
綱島駅のホームに上がる階段で、後ろから「すいません」と呼び止められた。
お兄さんに「これ落ちましたよ」と渡されたものは、バルブオイル。
野球応援中の必需品じゃあーりませんか。
僕の、というよりは、はじめとかポールとか渉氏の(笑)

以上、そのモノより、そのコトが嬉しかった出来事でした。
[PR]

by match-ken | 2006-08-26 21:51 | 日々の生活  

ショップ検索

綱島にもミスドがあることが判明。ちょっとほくそ笑む。

すぐそこにミスドがあると知って、行かないわけがあろうか、いやない。
見つけた綱島駅前ショップは、昔ながらのこげ茶色基調で、椅子もカチカチに硬い。二度ほくそ笑む。


ちょっと仕事をしてから、家から持ってきた朝日新聞週末版のeの方を広げる。
一面で映画『耳をすませば』のことが載っていて気になったもので。
へぇふぅんって感じで、もう一度聖蹟桜ヶ丘に行ってみようかなという気になった。

編集後記にあった質問を、ここでもしてみようか。
雫と聖司は結婚したと思いますか?

あれから11年…てことは二人は26歳くらいかぁ。
してたら、いいな。
[PR]

by match-ken | 2006-08-26 18:48 | ミスド  

家電なのに

ワン切り……??
[PR]

by match-ken | 2006-08-26 01:26 | 日々の生活