<   2005年 08月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

統一基準を設けてそこに安住して自分で考えなくなる

3年目にして初めて背もたれ使うなと言われた。わりと場当たり的に。

そんなのただの座り方の問題で、シートに腰を深く入れるか入れないかの違いだ。
背もたれを使っていても真剣に応援はできるし、背もたれを使っていなくてもだらけることはできる。

その場では企業人であれ、ってよく言われる。企業人は背もたれを使わないんだろうか? あるいは、使っているのを見て何か思うんだろうか?
僕らが肝に銘じておかなくてはならないのは、だらけるな、ということ。各々がそれを自覚してるのが前提にあって次に、さて、背もたれを使うか使わない、という問題に進むべきなのであって、その答えは一人ひとり違ったって構わないと思う。
それを即わかりやすい形での禁止事項に差し替えて考える余地をなくすのはこの部活の常套手段。それが楽だから。

例えば神宮では絶対背もたれ使いません。それははっきり「使ってはいけません」と書いてあるから。来年の2年がまたそう書くなら、僕は来年も使いません。僕たちの「常識」を通用させていいあの場で、自分たち自身で決めたことは守ります。
でも、けっこう多く残された、明記されてない部分。そういったグレーゾーンを、どう解釈して、どんな答えを出すか。そこをもっと大事にしてほしいといつも思うのです。

「応援団に入って頭が悪くなった」
これって僕だけの実感ではないと思う。
[PR]

by match-ken | 2005-08-31 01:36 | 部活  

「いい試合」でした。

でも、いい試合なんてしなくていいから、勝ってよ。
まだ終わりたくなかった。

日本通運(さいたま市) 2-3 三菱ふそう川崎(川崎市)
家に帰ってからもう一度GAORAの録画中継で観ました。直前まで生で観てた試合をまたTVで観てるってのは何とも不思議な気分でした。

今日の日通は、当たってない4番小松を清水に、7番新垣を仲村渠(なかんだかり)に替えてきました。ソロでしか得点できなかった前試合を受けてのことなのかもしれない。けど、4番を代えるのって、なんか落ち着きがなくて心配になってしまう。

1回裏、新保にいきなり先頭打者ホームランを打たれる。たった1点なのに、「なーんかこのままコールド負けしちゃうのかなぁ…」なんて気になってしまった。後から聞いてみると、そう思ってた人は多いらしい。

でも2回表には、すかさず同点に追いついたのです。それもここまで本選ノーヒットの鈴木のタイムリーで。今年の日通の恐いところは、どこから攻撃を始めても点が取れるところじゃなかろうか。

その後は締まった展開。二度あった1死満塁のピンチもしのいだ。西郷のブレーキに助けられたところもあるけど、何と言っても濱元がよく投げたよ。

そして8回表、澤村の打球はレフトスタンドへ。日通は2番打者だってホームランが打てちゃうのだ。
も、もらった。
みんなそう思ったに違いない。

その思いを打ち砕いたのは、ふそう・佐々木(8番打者だぜ)。ランナーを一人置いてライトへ打ち上げた打球は、差し込まれながらもフラフラとスタンドへ。
応援席が凍りつく瞬間を体験したのはもう3度目です。

結果はすでに上に書いちゃったんで、あんまドラマチックには書きません。
でも、日通は期待通り、このまま終わらないでくれたのです。
2死から仲村渠の死球と山根のツーベースで2、3塁のチャンス。ここでバッターは9番鈴木。
鈴木さんごめんなさい。ここで他の誰かならなぁ、って思った自分がいました。さすがにもう1本は期待できなかった。結果は空振り三振。

今年の都市対抗はこれで全て終了。
もともと持ち企業の中で一番好きになれなかった日通。
でも選手のひたむきさとか、試合を重ねるにつれて表情に真剣さが加わっていく新入社員を見てるうちに、最後まで行きたいと思えるようになっていた。

来年も予選から呼んでくれるとのこと。雨で流れて、富士重とかぶったりしませんよーに。あと、選手がドラフトにあんまりかかりませんよーにw
[PR]

by match-ken | 2005-08-31 00:25 | 野球  

なんだかんだ言ってもHRは野球の華です

日本通運(さいたま市) 3-2 東芝(川崎市)
山根のソロで先制。

タイムリーで追いつかれる。

山崎のソロで勝ち越し。

ソロホームランで追いつかれる。

下窪の12球粘った末のソロで勝ち越し。

こういう負け方は相手にとってショックが大きいんやろうなぁ。
ソロホームランでしか得点できなかったのは気にかかるけど、でも相手に与えるダメージとか、流れを引き寄せる力っていうのは、やっぱりホームランが一番持っていると思う。

日通の左打者を見るとみんな打ちそうな気がする。明日は一発攻勢もいいけど、やっぱり1回戦みたいなつなぐ野球がみたいなあ。
明日の相手は1回戦JR北海道で敗戦を喫した三菱ふそう川崎。事実上の決勝戦と呼んでいいような気がする。負ける気がしねぇ。
[PR]

by match-ken | 2005-08-30 00:12 | 野球  

だてに“デビル”じゃないわ

「今1時13分なので、2時20分から練習に参加できるようにしてください。それまでの間にお昼を食べてしっかり体を休めてください」
なんて、まおりんに笑顔で言われるとさぞゆっくり休めるような錯覚に陥ってしまうのですが、よくよく考えると無茶にも程がある時間設定ではあーりませんか。もう僕たちはよく頑張ったよ。もう十分だよ。と声を大にして叫びたいが、どこに向かって言えばいいものか。

重とみっきーと3人、せっかくの商品券も使わずにすぐ明大前に向かって松屋で昼食。豚めしやら牛めしをものの15分で食べ終わる。
にんげんになりたーい。

オーディションで、結局さおりんとえりが落ちたとのこと。あまりにわかりきっていた結果なだけに、余計にオーディションの意味を疑いたくなる。神は「二人が飛び抜けて下手だったというのではなく、全体のレベルから考えたときに外すのが適当と考えた」と説明した。だったら乗せろよ、と言いたくもなる。どうせいつかは外されると自覚しながら今まで練習を続けてきた二人の気持ちを思うと、心がしめつけられるような気がする。
こうして52人のコンクールメンツが大会20日前にして確定しました。

明大前で東大の譜面補佐から貸してた譜面を返してもらった後は、僕にしては珍しくまっすぐ帰って、野球中継見ながら少し寝ました。
みんなは明大前の盆踊りに行ったのかなぁ?? 最近つとに普通のお祭りに行きたい。
[PR]

by match-ken | 2005-08-29 00:24 | 部活  

思い込みとか幻想に過ぎなかったんだろうか?

当然のように決勝進出…は大げさにしても、少なくともあと1、2回は普通に応援に行くつもりでいたから、余計に喪失感が大きい。なんでそんな思い込みをしてたんやろう、って思うくらいの負けっぷりでした。

NTT西日本(大阪市) 4-11 日産自動車(横須賀市)
今日もNTT西の先発は松尾(大阪ガス)。今日こそ岸田と思ってたのに。
出す投手出す投手、誰も日産の打線を止められない。岸田はどうした? これはもう故障と考えるしかないんだろうか?

打線は0-6から西田・藤井の連続ソロ、2-11から田原の2ランで計4点を挙げたけど、全部ホームランっていうのが何ともなぁ…。アベックホームランの二人には、むしろ6回の1死1、2塁のチャンスでこそ1本がほしかったよ。
明らかに何度か流れがこっちに来たのに、それを掴みきれなかったってことかなぁ。

うぅ、また来年会いましょう。
[PR]

by match-ken | 2005-08-28 23:47 | 野球  

勝つことはかくも難しい

西濃運輸(大垣市) 1-2x 日本新薬(京都市)
緊迫した投手戦。7回に西濃・永井のソロホームランが飛び出した時点で勝利を確信した。根拠はないけど、1点がセーフティリードのように思えた。
一方の日本新薬は、たまにランナーを出しても全部けん制や盗塁死やバント失敗でつぶしていた。今日見ながら、それを敗因として書いてやろうと思ってたのに。

9回裏、リリーフエースの田中明(一光。去年は王子製紙で橋戸賞)が捕まり、逆転サヨナラ負け。。この回の日本新薬は、ちゃんとバント決めたんやね。やることができれば点は入るものということなんですな。
最後の最後まで普通に勝つものと思ってて、予感めいたものが一切なかった分だけ、三菱神戸の敗戦よりもずっと悔しかった。

楽団のおじさん曰く、「今年西濃は戦力をほとんど入れ替えたから、3年計画で見てやってほしい」と。
うん、たしかに今年は11人のルーキー(エースの大島も4番の清原も)が加わって大幅な若返りを図ったようです。それはいいんですけど、まぁ3年と言わずに来年こそ1勝はしてください(笑)

ケンジに会えたのはうれしかったです。カワハラバヤシマサシにも会えたら言うことなかったな。
[PR]

by match-ken | 2005-08-27 23:02 | 野球  

最近の行動を規定しているのがノリということについて

徹夜明けで応援した後で、その後何も予定がないとなれば、まっすぐ家に帰って寝てしまうのが普通なのでしょう。
でも現実にははじめちゃんとみっきーと、本校まで歩いちゃったりするのです。お茶の水に向かう坂道が、ほとんど崖のように見えました(笑)

部室には、僕らを裏切って電車に乗った重ちゃんがなぜかいた。4人してまた部室でグダグダ。
明日のN西のスーザのエキストラが無事見つかり、部室のスーザ(正確にはかつてスーザだったもの)をバラして重ちゃんと手分けして持ち帰るという最悪の事態は回避されました。

問題も解決したところで帰…らずにさらにみっきーと新橋のジューサーバーへ。
ぷーちんも働くそのお店でバイトをしようと考えてるみっきーには、面接日を決めるという大義名分があったけど、付き添いの僕はただのノリ。ぷーちんをさんざん冷やかして、2杯もおごってもらって帰ってきただけです。
ぷーちんのバイト姿はなかなか板についていました。彼女は根本的に客商売に向いているのだと思う。いつも見てる人のちょっと違う姿を見るのって、自分の心も新たになる感じがしてすごく好き。みっきーが無事採用されたらまた来よっと♪(おごってもらいに)

てなわけでこの1週間、睡眠時間は5時間か0時間かのどちらかが続いています。今夜は5時間の方。明日がなんで4試合日なんや~!? おかげで明日第1試合N西の集合は6:45。尋常じゃない早さですな。でもN西のためなら頑張れるんです。
[PR]

by match-ken | 2005-08-27 23:02 | 部活  

爪を切る

少し深爪気味に。突然、前ぶれもなく心に巣くったいらいらを鎮めるかのように。
君にいらいらしてるのは明らか。
でも、君の何にいらいらしてるのかが自分でもわからない。
わからないから、ますますいらいらが募っていく。

窓を閉め切っても、激しい雨と風の音は聞こえてくる。それでもとても穏やかな寝顔をしてくれてる。

ついでに足の爪も切ろう。
パチパチ、パチパチ。乾いた音が、少しずつ心を穏やかにしてくれる気がした。
[PR]

by match-ken | 2005-08-26 01:28 | 雑感  

とぉりかぁら~(←文字にしてとこで全然伝わらない)

今夜はあっきー・おちゅうと一緒に、久しぶりに相州屋へ行きました。
おばちゃんは相変わらずドラえもんでした(大山のぶよでした、というべきか??)。
メニューには書いてないけど、ご飯大盛りは100円増しです。

常に持ち歩いてる雑誌が、おちゅうは「日経ビジネス」、僕はサンデー毎日別冊の「都市対抗2005」。その辺の差なんでしょうなぁ。何の?って聞かれても困るねんけどさ。

でもこの雑誌持ってるのと持ってないのでは都市対抗の楽しさが5倍は違うね。それだけは言える。
[PR]

by match-ken | 2005-08-24 23:05 | 外食時々自炊  

水を打ったような、とはまさにこのことだ

……その瞬間、三菱重工神戸側のスタンドは凍りついた。全員が声を失い、茫然と立ちつくす以外のことをできなかった。グラウンドには歓喜の輪。相手スタンドの悲鳴にも似た歓声。

三菱重工神戸(神戸市) 4-5x JR九州(北九州市)
序盤はとてもテンポの速い投手戦でした。一転、中盤はJR九州の3つのエラー絡みで三菱神戸が点をあげては、JRがホームランで追い上げるという展開。

そして4-3、三菱神戸リードで迎えた9回裏がやってきました。
2死1塁、迎えるバッターは今日ホームランを放っている3番草野。
ここで三菱神戸がとった作戦は、なんと敬遠。その後の三船が当たってないだけに気持ちはわからないでもないけど、いや、よくわかるけど、そういうセオリー無視なことをした後って、いやーな予感がするものです。
果たして、目の前でそんな屈辱的な仕打ちにあった三船は、センターの頭上を抜く弾丸ライナー。2塁ランナーに続き、敬遠で出した草野も長駆ホームイン。JR九州が劇的なサヨナラ勝ちを決めたのでした。絵に描いたような展開やね。

そういえば、JR九州には、去年も富士重が樋口に完封された嫌な思い出がある。九州行ってもJR九州乗ってやんないもんねーだ。

こういう試合こそ一ファンとしてビールでも飲みながら観たかったですな。当事者はたまったもんじゃないですよ。あ、でもN西メンツは集めやすくなったかぁ。おめでと重ちゃん。
[PR]

by match-ken | 2005-08-24 22:44 | 野球