<   2005年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧

 

えっ、どれもこれもみんな言わないの!?

茄子
押しピンやで?押しピン。押すピンだから押しピンじゃないか、何がおかしい(←しつこい)

今日も錦華公園ではミンミンゼミの大合唱。部室からリバティーへの移動中、「夏だねぇ」なんて話してた。

でも。
僕がミンミンゼミの鳴き声を生で聞いたのは、一昨年東京に来たときが初めてなのです。ドラマでもアニメでもよく夏の風物詩みたいな感じでバックで流れてたけど、現実感がなかった。
僕にとっての夏の音は、クマゼミの声です。シャワシャワシャワシャワ……かわいげがない。もっと言うと、うるさい。逆にクマゼミはこっちには全然いないんですね。羽が透明で、バカでかいセミです。

そういえば、今日重ちゃんはN西の打ち合わせで大阪行ってんねんなぁ。うらやましひ。
帰りたい帰りたいって言ってるときの僕って、あんまいい状態じゃないんやろなぁ。
[PR]

by match-ken | 2005-07-30 12:57 | 故郷  

サボってもバレなかった

僕シフトに入ってないことになってました。ちゃんと書いてあるにもかかわらず。
でも僕がいないとSさんが一人で朝まで頑張ることになっちゃって、ほんとに鬱になりかねないので、帰らずに入ってあげました。

同い年の僕らは、応援団ネタと松屋裏事情とコイバナで盛り上がってました。まぁそれだけヒマやったんですがね。Sさんは僕がいるのをいいことに、休憩多めに取ったりデスクワークしてたりして、僕が一人の時間帯も多かったです。その間は眠気と戦うのに必死やった。1時間誰も来なかったりするんやもん。

あ、東京駅への道を聞いてきた人がいました。
よくわからなかったので、でまかせを教えました。

それくらいかな。平和な夜でした。そしてまた朝の部室で僕は眠りに落ちるのでしょう。
[PR]

by match-ken | 2005-07-30 08:14 | バイト  

その統一見解の根拠はどこ?

周りのみんなは口を揃えてそう言うけれど、
それを聞いても僕は「へぇ。ふぅん。ほんまかいな」ぐらいにしか思えない。
逆ならまだしも。
[PR]

by match-ken | 2005-07-29 02:34 | 雑感  

教訓:明日やれることは今日もできる

今日は朝から快晴で、しかも真東を向いてるうちの部屋のこと、昨日の夕方に干した洗濯物もよく乾いてることだろうと楽しみにして帰った。
駅からの帰り道。ベランダが見える。なのに、あれだけ干してあった洗濯物が一枚も見えない。

その瞬間、僕は全てを悟りました。

家に帰ってみると予想通り、全部ベランダの床に落ちていました。
甲州街道の粉塵まみれになった僕のTシャツとトランクスたち。血の気が引いてふっと倒れるようなシーン、マンガではよく見かけるけど、リアルにそんな感じでした。

一人暮らしを初めてすぐに買った物干しセット。いつも片側にばかり干していて、しかも毎回毎回すさまじい量を干すから、金属疲労を起こしているのは前から知ってました。昨日干すときに、「そろそろやばいよなぁ。まぁ今回を最後にして、次から反対側の竿使おかな」って思ってたのに……まさかここで折れるとは。

昨日とまったく同じ洗濯物に再び300円を費やしました。
[PR]

by match-ken | 2005-07-28 10:28 | 日々の生活  

もうセールは終わりですよ~

午前2時半の神田小川町。パトカーが停まってて、男が取り調べを受けている。その側では女の人がひっくひっくしながら泣いている。
「東京って怖いなぁ」なんて思いつつ、その横を吉野家の制服姿で通り過ぎる男一人。それはそれで不審者だ。

酔っ払いに「なるべく太らないものを」と言われ、「ちょっと難しい注文ですねぇ」と言ったら、ウケた。別の男に、「この人ダイエットしてるんですよ」って10回くらい言われた。

いつもの配送に来る「じじい」が今日付けで引退。一緒に入ってたSおじさんとはもう長い付き合いらしく、「じじいももう歳なんだから」「そっちこそな」と最大限の悪口で別れを惜しんでいるのに、ちょっとほろっときた。

まだセールやってると勘違いしてる人はいるだろうけど、まさか定価分も持ってないのに大盛を注文する人がいるとは思わなかった。

9時間も働いてればいろんなことが起こるけど、それよりバイトをあがった後1時間ずっとSおじさんのお話を聞かされたことの方が疲れた。深夜の効率的な回し方に始まり、社会に出たときの心得だとか、仕事に生きるか趣味に生きるかだとか、とにかくいろいろ。
コミュニケーション能力が何より大事だそうな。あと、過程重視なのは学生のうちまでで、社会では結果しか求められないって。
うん、これからの僕にはすごく有益な話なんやろうけど、いかんせん僕は眠くて早く帰りたかったのです。あくびを何度も噛み殺してて、ごめんねSおじさん。でもありがとう。
[PR]

by match-ken | 2005-07-28 09:04 | バイト  

おれってここまでネガティブシンキングな奴やったっけ

洗濯物が多すぎて少々遅刻し、4時半に部室に着きました。手にはお詫びのマックナゲットとポテト。
今日は企画補佐で集まって成果発表会の進行を考えました。

祭り上げられるがままに、当日の三責になっちゃいました。「不動の三責」の異名が表すとおり、発表会の間は舞台下手でじいぃっとしてればいいだけやから別に何てことないけど、一言御礼や何だかんだがなぁ。。酔えないやんか!(オイ)

ついでにその前日のGも三責っぽいです。

周りはアピールだの何だのと言ってくれるけど(なんと都合のいい、とか思うけどそれはともかく)、
僕にあるのは、見返してやりたい、ってただそれだけなんです。

真っ黒いながらも、光が少しだけ見えたような。そんな光あるのか知らんけど。
[PR]

by match-ken | 2005-07-28 01:52 | 部活  

すごいを通り越してちょっと怖いくらい。。

前々から作らなきゃなぁと思ってた編集局メーリス、今日ようやく作って局員のみんなに招待メールを送りました。
それとちょうど入れ違いにえりから届いたメール。
ねー編集局3年メーリス作らない!?

この現象をどう捉えるべきやろう……。(たまたまだと思う)
[PR]

by match-ken | 2005-07-27 20:45 | 部活  

中折れっていうか腰砕けっていうか

それは今僕がもっとも聞きたかった言葉なのだとは思う。

にもかかわらず、心のどこかで聞きたくなかったって思ってるのはなんでやろう?
[PR]

by match-ken | 2005-07-27 00:18 | 部活  

本当に辛い時救ってくれなきゃ嘘やと思う

傷口に直接触れて癒してくれようとする君と、
徹底して傷口を見なかったことにし続けてくれる君。

今の僕にはどっちも必要なんです。
[PR]

by match-ken | 2005-07-26 02:54 | 雑感  

社会で一本立ちしてる人もいる

社員のSさんにいきなり「うつ病になりそうなんですよー」と言われた。
「僕もなんですよーあはは」って返そうかと思ったけど、
あまりに非建設的なのでやめにして「仕事でですか?」と聞いた。
「仕事とか人間関係とか色々です」
そしたら普段はSさんのいじられキャラを務めてるバイトのHさんが、
「自分でそう思ってるうちはまだ大丈夫ですよ」と言った。
なるほどそっかー、と思った。

このときの話で、Sさんは僕と同い年なことがわかった。
高卒で吉野家に勤めて、21にしてアシスタントマネージャー。立派だよなぁ、と素直に思う。
職場で出会ったという彼女をこれからも大事にしてあげてくださいね。きっと何よりの励みになると思うから。
[PR]

by match-ken | 2005-07-26 01:01 | バイト