<   2004年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

本日の失敗

キッチンに立つのは実に10日ぶりとあって、いろいろ忘れてしまってました。
豚生姜焼定食は味付けが濃いから塩こしょうをする必要はないのに、間違えて振りかけてしまい、しかもそれに気付いたのが完成直前だったので黙ってそのまま出してしまいました。。
「黒い粒見ておかしいと思わないかなぁ…」ってビクビクしながら出したけど、そのサラリーマン風のお客さんがまたすごく優しいそうな人で、「ありがとう」って言ってくれてさらに心が痛みました。
しばらく気になってそのお客さんのこと見てたけど、すごくおいしそうに食べてくれててさらにさらに心が痛みました。

二度と間違えないよう、自分用のまかないにも生姜焼定食(正確には洗い物を減らすため生姜焼丼)を作って練習しました。でもどうせ自分で食べるものやし、どんな味やったか確かめるためにこしょう振ってもよかったかなぁ…と今思ってます。今度やってみよっと。レポート待っててね。
ちなみに「従業員食事規則」に「マニュアル通りの調理をすること」と書かれてあることは内緒ね。
[PR]

by match-ken | 2004-10-31 23:17 | バイト  

自己が自我に敗れるとき

セブンで弁当を買っていざ“品川部室”へ。
ここ来るの2回目やけど、やはり近い! とてつもなく近い!

序盤は全員でポールをいじることに専念していた。僕らの言葉の一つ一つが彼の妄想癖を刺激したようで、彼は「やめてください。本当に壊れちゃいますよ」ともだえながら言っていた。
本当に好きなんやなぁ、と思った。うらやましくさえなった。
はたから見てても二人は悪い感じはしないし、いつかは結ばれるんじゃないかなぁ、と勝手に思ってるんやけど、これも一種の妄想なのかもね。あんまり気にしすぎないでください。

さんざんいじられて疲れたのか、ポールは早々とダウン。
ゆうゆうは結局帰りのことについては何も話してくれなかったけど、だんだん心は開いていってくれた。というかこの場にいるうちに勝手に開かれてきたって感じやった。とすればうれしいことですな(^^) そしていつの間にか寝入ってしまった。ので僕は自分のジャケットをかけてやった。
しばらくすると夫人が「添い寝したい」という仰天発言をなされたので、1枚の毛布で一緒に寝かせてあげた。僕のジャケットは用無しになった。

修と僕の夜といえば、そう、麻婆豆腐。
姉さんは手の上で豆腐を切れることが判明! 別に危なくとも何ともないんやけど、できない人案外いるんやから。僕らが料理してる光景は、「新婚生活8日目♪」(←わからない人ごめんなさい)どころか、「8年目…」って感じやったんやろうね(笑)
丸美屋は可もなく不可もなく普通の味。あのクイーンズ伊勢丹で売ってた瓶入りのやつにかなう味は未だ現れていない。またあれで作らなきゃな。

4時半頃、明日もあるということで、最後まで起きてた2年3人も寝ることに。こっちは3人で毛布1枚の壮絶な争奪戦。互い違いになって寝たので、修の足の裏がずっと僕の顔の前にあって困ったね(笑)
僕はずっと姉さんに乗っかかってたような気がする。温もりを感じていたい、とか、目の前から消えてしまうかもしれないことへの不安、とか、後から何とでも言える(それが文学)けど、実はそれは夢の中の出来事で実際には2時間ばかり寝たような気もするし、胸が高鳴って一睡もしていないような気もする。それさえもわからないのに、それ以上何がわかろうか。
[PR]

by match-ken | 2004-10-31 01:00 | 野球  

今日は行きましたよ

練習にも、コス整理にも。

おとつい買った革付きのシャツを早速着ていったら、真っ先にポールに「エロい」と言われた。今日はその後もあらゆる人にエロいと言われ続けた。服がエロいからってその人までエロいとは限らない、って反論したら、誰かに「何着てようがエロいものはエロい」とまで言われてしまった。たしかに。それはどうしようもないです。
いったん帰って準備を整えてから出かけるつもりでいたのだが、コス整理に意外と時間がかかったせいで、家での滞在時間は1時間もとれなかった。まして生田探検の時間などは望むべくもない。

   生田…?

そう、今日のドリル練習は生田で行われたのだ。和泉は午後が学祭準備で使えないためだが、そんなにしてまでやらにゃいかん練習かね。

まぁでもそのおかげでパンフの双六のページに挿入する写真、いいのが撮れましたよ☆
・作品番号1、「生田坂」…最大傾斜45°ともいわれる生田坂、それをさらにカメラを傾けてほとんど垂直に近く見えるように撮影し、その苛酷さを表現してみました。
なぜか生田団室にある拾い物のチューバを背負って苦しい顔でよじ登ってるように見せかけてくれた桑田に感謝!
・作品番号2、「ビンカレ」…普通にダブルオープン向かい合わせでカレ基礎をしているなかに、一人だけビンカレをしているかっちゃんが! 全員素のバージョンと、周りの人がかっちゃんを「えっ!?」って顔で見てるバージョンと2種類撮ってみました。どっちが選ばれるにせよ、当人はいたって普通にしているところがミソです。
メサブ役のまおりん、サックスの修、ピッコロのかなにほっしー、ご協力ありがとうございました☆
・作品番号3、「エクスチェンジ」…これまたごく普通のエクスチェンジなんやけど、その真下の社長がバケツをかぶっておびえてる、という写真。
これは絶妙のタイミングで撮らないとよくわからないので、熟練した技術が必要。デジカメといえば…そう、もちろんこの人。社長の真上で旗が交差してる瞬間を見事一発で捕えてくれた忠慶に拍手!
ちなみにかなとほっしーは「私たちすごくない!?」と、全然違うところで感動しておりました(笑)

…と文章にしてもよくわからないと思うので、どんな写真になったかはパンフの完成を楽しみに待っててね☆

今日はメインカレッジのコマ発。動きはそんなにハードではないけど、長いのと曲がアレなのを考えると、やっぱアレなんやろうなぁ(何や?)。No.12は変更出るみたいやね。あれはたしかに無理です。
師匠がずっと見てたね。定演ではステマネをやってくださるそうで。だから下見に来たのか、未だに生田民でたまたまいただけなのかは謎。
渉外が自分の練習の手を休めてまでOBの相手する意味ってあるのかな?

和泉より生田の方が断然近いうちやけど、今日は電車で行きました。練習の後「品川部室」こと修の暫定一人暮らし部屋に泊まることになってたから。
生田駅への道中、普段温厚なゆうゆうが、激しく何かに苛立っていた。でも、ポールに訊いても、ずっぴょん夫人に訊いても、皆首をかしげるばかり。本当に全く見当もつかないようだった。
それでも品川部室に来てくれたあたり、やっぱりいい奴やな、って思う。
他にはかっちゃん、よねこ、そしてあっと驚く綾姉さん! 総勢8人で特に目的のないお泊まりが始まりました♪
[PR]

by match-ken | 2004-10-29 23:24 | 部活  

さすがに身の危険を感じましてね

さて、徹夜で仕上げたレジュメといいますのは、
『東京大都市圏における30歳代シングル女性の居住地選択~マルチメソッド・アプローチの試み~』
という論文についての説明であります。タイトルはおカタいけどなかなか面白そうでしょ?

終わったとこですっと眠りに引きこまれて、1、2限を寝過ごしてしまった。3限は休講で助かった。起きたら4限からしか間に合わない時間やったから。
駅へ自転車を飛ばしていたら、停まっている車に気付かず、いや、気付いてからもしばらくブレーキをかけるという行為に結びつかず、車の横っ腹に全速力で突っ込んでしまった。
別にケガはなかったし、車もへこんだりはしなかったので、何度も何度も謝って立ち去ったけど、「今日の部活は無理やな」と思った。寝てないと普段考えられないようなミスをやらかしてしまう。今日はド練。車にぶつかるのに、人にぶつからないわけがない。
そんなわけで、今日は本当に体調不良で欠席です。すいません。

プレゼンはというと、何人か寝かせてしまいました。先生も寝てたような…。
親と同居か一人暮らしかとか、所得によっての差とかいろんな違いをくどくどと細かく説明したのが敗因でした。時にはバッサリ切り捨てる勇気も、概要を説明する上では必要なことのようです。この日記もね(苦笑)
[PR]

by match-ken | 2004-10-28 20:35 | 部活  

眠らない街・稲田堤

これから徹夜で明日の地理学研究法でのプレゼンのレジュメを作るにあたって、まず買い物と食事とコピーを済ませてきたので、あとは完成まで一歩も外に出ないという計画である。

まずは近所のFujiへ。ここで重大な発見が。
なななんと、

24時間営業になってる!!

昨日かららしい。
去年夏合宿から帰ってきたとき、21時閉店だったのが1時閉店になっただけでもぶったまげた覚えがある。それが、24時間ですよ? 1時閉店はまだわかる。宿命のライバル京王ストアが23時閉店なことへの対抗とか、終電の客を当て込んでる、とか。
でも24時間……いろいろ理由を考えてみたけど、正直、意味がわからない。誰のためや?

もうすぐ切れそうなバターが特価だったので買った。それから中性洗剤も買った。最近いろいろ家で洗濯してみたいと思ってるもんやから。
レジの機械も京王ストアと全く同じもの(←お釣りが勝手に出てくるやつ)に変わっていた。そこまで意識してるのかな? まさかね。

自炊すると、こういう日に限って凝ったものを作りかねないので、自制して松屋へ。
今夜のバイトは3人。奥にはこないだ台風の日に僕に調理を教えてくれたリーダーさん。でも僕には気付いていないようだった。
洗い場には見知らぬ女の人。なんかかったるそう。ヘルプの人じゃないかと直感的に思った。
接客の男も知らない人だった。体が僕の2倍くらい大きくて、カウンターの中を窮屈そうに動いていた。そんなことはどっちだっていいんやけど、とりあえず、

牛めしきのこセットには生玉子がついてるんですけど。

でもそういうことは僕もよくやっちゃうことなので、「すいません、玉子もついてると思うんですけど」と、できるだけ丁重に言ってあげた。実際僕も秋の味覚セットの内容なんてろくに覚えちゃいない。

頼んどいて何やけど、きのこの旨煮はどう考えても味付けが濃すぎる。他にもきんぴら、キムチ、みそ汁、と箸休めになるものが一つもない。生野菜のセットにすればよかったな。
水を頼んだら、気だるい姉ちゃんが持ってきてくれた。ありがとう、でも、

片手で置くんじゃねぇよ。

僕は間違ってもお客に片手で出したりはしない。応援団で身についた数少ない使える習慣だ。
でもそんなこといちいち気にしてたら体に毒なので、「ごちそうさま!」と元気良く言って店を出た。きちんと食器を重ねてね。それがどんなにか助かることか。

さて、レジュメ作り頑張ろう。
[PR]

by match-ken | 2004-10-27 22:12 | 日々の生活  

調布は都会ぜよ

いちおう9時に目覚ましをかけてはみたものの、とくに2限に出る気もなく、ベッドでもぞもぞしていた。そしたら、

地震や!

ちょっと怖いくらいやった。
東京でこれだけ揺れたってことは…とTVをつけると、案の定新潟の中越で震度6弱。
ようやく余震も収まってきて、家に片付けに戻る人も現れ始めた矢先にこれやから、自然って非情というほかないよなぁ。

2時半頃登校。まずは事務室の奨学金係へ。昨日帰ったら留守電に「継続願の配布期限がとうに過ぎているので明日取りに来るように」というメッセージが入っていたのだ。
それを聞くまですっかり忘れていた。というかそもそもそんなこと知りもしなかった。去年の手帳を見たら、去年はちゃんと手続きをしてるのに。
でもまぁ学生証を見せたら普通に受け取れた。提出期限は11/13。だいたいこういうものは余裕を持って設定してあるものなのだ。
「危ないとこやったわ」なんてあっきーにメールしたら、
「なにそれ!?」って。
僕がミスしたことでさらなる大惨事は防げたわけや。よかったね、あっきー☆

続いて4限日本文化史の教室へ。席につこうとすると、出ていく涼ちゃんとすれ違った。「休講だそうです」と教えてくれた。思わず「まじで!?」と叫ぶ僕。何ということだ。まだ用事があっただけよかったよ。
そしてこれもまた、ちょっと掲示板を見ればわかることだった。似たようなことが重なったときは、それが何らかの教訓だと考えるといいよ。
今日の教訓:「掲示板はこまめにチェックすべし」

突然1時間半も時間を与えられると困ってしまう。暇のつぶし方が下手になったとは前にも書いたね。

とりあえず調布へ。定期圏内で行くところといったら調布くらいしかない。
ジーンズメイトで4900円の茶色の綿のジャケットを2900円で売っていたので購入。でもよく考えてみると、僕はこういう色の服ばかり持ってる気がする。他に3900円→1900円のオレンジのマフラー(去年赤いのをなくしてから明るい色のマフラーがずっと欲しかった)と、
3900円→1480円のTシャツ(首とボタンの周りに革の装飾。絶対また「エロい」って言われる)も。さらに携帯のクーポンで1000円引き。いい買い物したと思う。

それからパルコに行き、無印でカミソリとブックカバー、新星堂で今日発売のGO!GO!7188のニュー・アルバムを買った。

最後に稲田堤の京王ストアでドリップコーヒーも買った。

僕の場合、ちょっと疲れたなぁってとき、激しく物欲が揺り動く。だいたいそれが年に2回くらい。
まぁ今回のは本当に必要だったり前々から欲しいと思ってたものばっかりやから、いいよね?
[PR]

by match-ken | 2004-10-27 19:33 | 途中下車  

普通に買ったら1051円でした

b0037793_1225652.jpg
今夜は珍しく外食をせず、駅前のスーパーの閉店時間(11時)より早く帰ってこれたので、久々に買い物をした。

そのときのレシートがこれ。
ウーロン茶以外全部半額!!
(ちなみにウーロン茶も特価118円(^o^;)

これを買い物上手と呼ぶかただのケチと呼ぶか。
[PR]

by match-ken | 2004-10-27 01:22 | 外食時々自炊  

結局ここかぁ…

b0037793_1874485.jpg
今梅ヶ丘のマックにいます。大吹連合演3部隊の顔合わせが国士舘大学であって、今は6時半の待ち合わせまでの暇つぶし。
梅ヶ丘にはけっこう立派な商店街があってしばらくうろうろしてたけど、結局マックに落ち着くあたりチキンやなぁ、と思います。。

ところで僕はここまで歩いて来ました。地図見たら、明大前からは真南やけど、電車で下北沢経由やとすごく遠回りになって電車代出すのが惜しく感じられたから。
実際近かった。20分弱で着いてしまった。待ち時間とか考えたら電車と大して変わらない。
道中はごく普通の住宅街。どこまで行ってもぎっしり家で埋まってるあたりがかえって世田谷区らしかったりする。なんせ鳥取県より人口多いですから(笑)

別に国士舘まで一人で行こうと思えば「全然」行けるけど、ここは一緒に行ってあげて世話焼きかまちょんの顔を立ててやろうと思う。
[PR]

by match-ken | 2004-10-25 18:07 | 部活  

OBってオールド・バカの略

b0037793_891850.jpg夜が明けました。やっぱり朝はちょっと冷える。寝袋持ってきて正解やった(^_^)v

渋谷109のぴあの前で野宿という類まれな体験をしました。OBのためにラグビー早明戦(明早戦!?)のチケットを確保するために。
ほんま、OBって何なんやろうね?12時間拘束してタダ働きだなんて。
ま、楽しかったからいいけど♪



9時に渋谷ハチ公前で待ち合わせ。黒い集団は一瞬で見つかった(笑)
あちこちさまよったが、席の指定ができるということで結局109のぴあに並ぶことに決めた。
行ってみるとすでにおじさんばかり3人が並んでて驚いた。でもよく話を聞いてみると、誰かのライブのチケットを確保するために並んでる日雇いの人のようだった。後から若い女性も何人か増えたが、早明戦のチケットを狙ってる人は一人もいなかったようです。ちなみにスカパラとかメロン記念日とか南こうせつとかと発売日がかぶってたね。

リーダーのラーメンと岡田は学ランの下にパーカーを着てフードを出して、不良高校生みたいな風情だった。そのおかげかどうか、何度か「高校生? サークルとか興味ない?」と話しかけられる羽目になった。
「高校生じゃないんで」と答えると、「じゃあ中学生?」。喜んでいいものかどうか。
「サークルもう入ってるんで」と言うと、「何系? マンガ系?」と返されたときは、あまりに面倒くさかったのでそういうことにしておいた。

1時頃にリーダーと入れ替わりに吹奏4人で24時間営業の大戸屋に晩ご飯を食べに行った。ずっとサンマが食べたかったのだがもう売り切れで、泣く泣くカキフライにした。

その後は2次曲線的に時間が流れていった。いったん寝袋にくるまると、野宿なんて苦でも何でもなかった。ラーメン・修とブロックをいろいろ考えたりしたような記憶もあるけど、基本的には朝までずっと寝てた。 おーい  たんのー 野球って  たんのしー…
気付くとすっかり明るくなってたり、岡田が去ってかな・ともやんが加わってたりもしてたけど、そんなのも夢うつつ。

このまま最終戦を遅刻して10時の開店までのんびりできるのかなぁ、と思いきや…b0037793_891872.jpg
8時頃いきなり新宿メンツのお藤とお嬢が現れて、新宿でいっぱい確保できたので渋谷には3人残ればいいとのこと。かまちょんとラーメンと、なぜかお藤!が残り、他は全員神宮へ器材をしに行くという予期せぬ展開。
普通に考えれば、事情はどうであれここまでいたんやから全員10時までいさせるでしょ。少なくとも僕が3年ならそうする。ましてどこからともなく現れて夜通し並んだ人と代わるようなことはしない。結局あれでしょ、自分が神宮行きたくなかっただけでしょ。
[PR]

by match-ken | 2004-10-23 08:09 | 部活  

週6で正装です。

今日はデモス。
でも、内緒ですよ…、(全然内緒になってない)
2限の時間は授業に出ずに4限提出の課題をやってました。お昼にあっきー・お忠には見せたけど、宮城県の白地図を人口増加率や人口密度によって濃淡に塗り分けるやつ。
夜だけで終わると思っててんけど、バイトで疲れてて。。
団長が振ってたね。…ま、最終戦はお祭りやからね。

そして演奏練習。
5限終了にも気付かず眠りこけ、集合に間に合いませんでした。最近ネタへの情熱が失せ気味で、以前ほど何が何でも間に合おうと頑張らなくなった。むしろ部室で音出ししたりまったりしていたい。
重ちゃんが言ってた。「教室一歩入った瞬間、出たくなくなった」って。
まさにそれ。最近演奏練が画期的に暗い。指揮も副指揮も演奏者も、みんな寄ってたかって暗くする努力をしてるみたいだ。僕も努めて返事をするようにしてるけど、僕一人の声がむなしく響くすることも多い。
それを仕事だとか言うのはおかしいと思うけど、雰囲気作りに一番貢献できるのは、やっぱり部活のこと一通り知ってて一番下級生に近い上級生の僕ら2年なんじゃないだろうか? 仮に不満とか納得できないことがあっても、だ。

ドリル練のときの雰囲気、あれには入りたてでナーバスになってたころによく救われたものです。
でも今、5限遅刻とかで部室から「おりゃー」の声を聞いていると、「ド練はそういうものだから」「そうしなければならないから」やってるのかなぁ…なんて勘繰りたくもなるのです。

心から楽しい部活でなけりゃ嘘だ。
でも、楽しくないならやめろ、って言うんじゃなくて、楽しい部活を僕らが作っていかなきゃ他に誰が作るよ?

コードネームは「インプレッサ」にしようか。
今日の一連の合練器材騒動は後々まで語り継がれると思う。
いったんは和泉からイスを80脚運ぶために借りたバン(てかワゴン)、イスを持っていく必要がなくなったためキャンセルした。
それで困るのは我々1、2年生。山のような神宮器材を手持ちで運ばなきゃならないのだ。3年も協力してくれたし、何とかならないでもない。でも、「何とかならないでもない」ことが今後普通のことになってしまっては困るのだ。
幸い免許を持ってる忠慶がいるので、1、2年でカンパしてレンタカーを借りて運ぼうという話になった。その方が電車賃より一人あたりの負担は小さい。
そう言ってあっきーがお藤に交渉した。僕からも言いたいことはあったけど、僕が言うと感情的になるのは目に見えてたから黙って見ていた。他の2年もじっと成り行きを見守っていた。(1年はほとんどその場にいなかった。恩を売る気はさらさらないけど、即自分に関わる問題なのに何とも思わないのかな)
珍しくあっきーも感情的になってた。「配慮が足りなさすぎだとは思いませんか?」なんて。
結局責任問題にも関わることなので1、2年で借りるというのは認められず、サブ会計で借りて、お藤が運転することになった。ここで初めて器材車を借りるか否かは3年が判断できることを知る。
お藤が借りると言ったとき、まいまいは「本当に借りるの?」と訊いたらしい。そしたらお藤は「だってあんなに言われたら借りるしかないだろ」。うちの学年がどう思われてるか知った気がするね(笑)

インプレッサに器材を押し込んでる間、お藤は始終不機嫌やったように見えた。気の毒やったかな、とも思う。あっきーも、言い分は間違ってないけど、言い方が悪かった、と反省してて、あとでお藤はじめ3年に謝ったようだ。

でも思うのは(今日に限らずね)、3年は幹部の犬ではなく、下級の盾でなくてはならないってこと。幹部に一番近いから幹部の次にえらい、っていうんじゃなくて、幹部に直接話のできる下級って思っててほしい、ってこと。上に話を通しすらしない後責は論外。
幹部にはかみつきまくるくらいでちょうどいい。まぁほっといてもうちはそうなりそうやけどね(笑)

しかしまたなんで最後の最後に本校で(-.-; ちゃんと6番も取れてるというのに。
いろいろ理由を考えてみた。夜の和泉じゃ日常の延長みたいで気持ちが入りにくいのもあるのかな?
あるいは殺人的な器材を課すことですでに試練は始まっている、とか。でもそれはないね。あの幹部様のことや。下級が器材を運ぶってことすら考えにはないのだろう。
結局のところ、よくわかりません。午後授業に出れるので、それはよかったです。

で、なんでまいまいは演奏練の間ドリル着やったの??
[PR]

by match-ken | 2004-10-22 01:42 | 部活