カテゴリ:外食時々自炊( 46 )

 

コーヒーの異種格闘技

雨がそぼ降って、底冷えのする一日だった。
温かいコーヒーが飲みたくて、スタバに入る。

オーダーしたのは、トールサイズのスターバックスラテにエスプレッソショット追加。

「ダブルトールラテ~」

でも出てきたのは、
「ショット追加でお作りした本日のコーヒー、お待たせしました」

どんだけストイックな飲み物やねんと(笑)。
それより何より、そんなオーダーが可能なことにびっくり。
ほんとに、事もなげにでてきたから、なんか自分の頼み方が間違っていたような気さえして、
何も言い返せずに「どうも」とだけ言って受け取ったのですが。

お味のほうは……苦かったです。ただひたすら、苦かった。

それぞれに主張の強いスタバのエスプレッソとドリップコーヒーは、
混ぜてみたところでぶつかりあうだけのような気がするのです。
今回ばかりは主義に反してミルクをどぼどぼ注いで飲みました。

どうしようもなく眠い朝とかにいいのかも。
[PR]

by match-ken | 2008-09-28 17:46 | 外食時々自炊  

金曜日の過ごし方

居酒屋で独り盃を傾けないことには、
週が終わった気がしない体になってしまいました。

行くのは決まって地元の店。
誰に会うこともないし、終電の心配もない。
多少酔っ払っても、家までの数百メートルくらいなら歩ける(と思う)。

3軒を行きつけにしていて、それをぐるぐる回してるから、
それぞれの店には単純計算で3週間に1回は顔を出していることになる。
まして一人客はカウンターに通されるわけだから、お互い顔を覚えるわけである。
ただしそこで、「どうも」とか「まいど」とか言わないのがミソ。会話もしない。
「店員と客の関係」という一線は越えたくないのだ。

なのに今日は、話しかけられてしまった。沖縄料理屋の板さんに。

「お客さん、ちょっとした酒豪でしょう!」

最初、自分に向かって言っているのだとは思わなかった。
だって生中を飲み干して、次に生小を頼むチキンなおれやで?
「腹減った~」とわしわしツマミばっか食ってまるで定食屋と勘違いしてるおれやで?

びっくりして訊いた。「なんでそう思うんですか?」
板さんは意味深に笑うだけで答えなかった。意味なんてなかったのかもしれない。
[PR]

by match-ken | 2008-07-25 23:04 | 外食時々自炊  

居場所はえてして知らない間にできている

木曜日は週に一度の和泉の日。
授業は2限と6限なので、とても長い休み時間を過ごすことになる。

お昼は学食も明大前のお店もとても混むので、一駅隣の代田橋に出ることにした。エアポケットみたいなあの街に、昼ピークという概念なんて果たしてあるのだろうかと思う。

目指したのは、ここでも何度か書いた洋食屋「こあっと」。
このお店、前に行ったときは貼り紙も何もせずにシャッターを下ろしていたので、てっきり閉店したのだと思っていたけど、最近ドンキの近くに住む者さんからのコメントで、新装開店したことを知ったのだった。

中に入ると、なかなかどうして、ほぼ満席。昼に来るのは初めてだけど、どうやらランチタイム限定でバイトくんを雇い、夫婦と3人で店を回しているようだ。
どう変わったのだろうと店内を見回す。
壁紙が白くなり、テーブルクロスは緑のチェック柄のものになっていた(これは前からだったっけ)。とにかく、以前の暖色系の内装と比べると、ずいぶんとシンプルで明るい印象になっていた。より「定食屋」から「洋食屋」に近づいたとでもいいましょうか。

一つだけあった空席に腰を下ろし、日替定食(780円)を注文する。今日はヒレカツだ。

まず付出しが出てきた。切り干し大根とちくわの和え物。これはたぶん、ランチタイム限定の日替定食にだけつくのだろう。

カツはさくっとしていておいしかった。盛り付けのスタイルに変わりはなく、付け合わせの野菜はキャベツではなくレタス。これにマカロニサラダ、ナポリタンが添えられているのも、王道を地で行く感じで好ましい。ご飯もちゃんとお米の味がしておいしいし、必ずみそ汁がつくのも、日本で洋食を食べられる喜びを実感させてくれる。

惜しむらくは、全席で喫煙ができること。換気もよくないので、周りの紫煙を一身に浴びることになってしまった。タバコなんて吸って、おいしい料理が台無しだなぁと個人的に思うけど、そこまで口出しするつもりはないので、お店の方が分煙化するか換気扇をつけるかしてほしいと思う。


食後のコーヒーも飲みたかったけど、そういう理由でパス。
バイトくんに代金を支払いながら、ご主人に何と話しかけようかと考えていたら、先にキッチンの中から声が。

「(何も言わず)閉まってたから、わかんなかったでしょ?」

なんということだろう!かれこれ1年近くも足を運んでいなかった僕を、代田橋時代も5回くらいしか行ってない僕を、ご主人は覚えていてくれたのだ。しかも、「久しぶり」でもなく「どうしてたの」でもなく、ごく普通に話しかけてきた。

『そうなんですよ。前に寄ったときは閉まってたから、もうやめちゃったのかと思ってたんです。それで今日たまたま近く寄ったらやってて。改装してただけなんですね!』
たまたまというのは嘘だけど、こういう嘘なら許してもらえるだろう。

主人「そうかぁ。たまたま通ってくれてよかったよ!いろいろあったからなぁ…」
『いろいろ?本当にやめちゃうかもしれなかったとか…?』
主人「いやぁ、やめるつもりはなかったんだけど、邪魔が入っちゃって。おかあさん、説明して」
妻「あのねぇ、(以下、大人の事情につき略)」
『そうだったんですか。でもまた再開してくれてよかったです。また来ますね』


いいお店というのは、お客を大事にするお店のことだ。
今さら言うまでもないことだけど、それでも言う。
[PR]

by match-ken | 2007-11-08 14:20 | 外食時々自炊  

ビールはもちろんサッポロ派!

b0037793_22271346.jpg











……じゃなくて、下を見なさーい!

夕食にチヂミを焼きました。粉と卵と水を混ぜて焼くだけで簡単に作れて、具なんて豚肉と万能ねぎしか入ってないけど、とにかく満足感の大きい一品なのです。

チヂミというのは韓国南部の方言で、標準語では「パジョン」になります。そういえば、日本には釜山とか済州島とか南の方の人が多いものね。

「パ」はねぎの意味。韓国人とのクォーターの鷺沢萠さんが、昔貧乏暮らしをしていたころ、母親がねぎしか入ってないパジョンを焼いてくれたのが忘れられない、とどこかのエッセイに書いていたっけ。具に肉っ気がなくとも、ねぎだけは欠かせないのです。でなきゃパジョンじゃなくてただの「ジョン」だ。
でも「ジョン」ってなに~?
[PR]

by match-ken | 2007-09-10 22:27 | 外食時々自炊  

社会人とワリカン

夕方、TKから突然の電話。急遽飲むことになりました。
平日でも学生の僕なら捕まると思ってやがるな? 実際そうなんやけどね。

うちからすぐ行ける五反田を待ち合わせ場所に指定(でも例によって遅刻)。
あまりいい店が見つからなかったので、地下鉄で中延に移動して、串焼き屋に入りました。
雨ということで最初の一杯がタダになっててラッキー♪席についてほどなくして、雨は叩きつけるような降り方に変わりました。ぎりぎりセーフやった。

基本的に彼のグチを聞きっぱなしでした。多少話がほかに振れても、気付くとそこへ帰ってくる。
……って書くと否定的にとられるかもしれないけど、実際それは全然いやではなかった。
会う時点で最初からそういう図式になることはわかりきってたことやし、今日もまたそこにちゃんと収まったことに不思議な心地よさを覚えたのだった。

梅酒を買って我が家で二次会に突入と言いたかったところだけど、TK間もなく大イビキ。お疲れやったんでしょうな。まぁ明日から夏休みということで、久々に何の心配もない睡眠になったことでしょう。


社会人を経験したことがもたらすバランス感覚とでもいうべき物の見方が、僕にはものすごく新鮮に映った。
それを僕はまだうらやましいとは思わないけれど、いかに一般論を忌み嫌い、距離を置いて生きてしまったのかということを実感して愕然としてしまった。

学生うらやましいって言われたけど、学生はそこそこに切り上げて、同じ立場から話ができるようになりたいなと思ったものです。
[PR]

by match-ken | 2007-08-28 23:46 | 外食時々自炊  

代田橋の数少ないまともな食堂

バイト後、2駅隣の代田橋へ。

夕食を食べようと久しぶりに訪れた、洋食屋の「こあっと」が……


つぶれてる。あぁ。
[PR]

by match-ken | 2007-07-07 20:15 | 外食時々自炊  

わりと稼いだつもりやったのに…

給料日前に給料が底をつくという厳然たる事実を前にして、
もう少し自炊をせねばとあらためて思ったのでした。

ロハスな生活のためでも、自己啓発の意味でもなく、
ただただ現実的な問題解決法として。
普段の生活を切り詰めて、そのお金で松山に行くんだ(←結局それかよ)。


冷蔵庫を開けてみると、15本のビールと、かびた食材と、かびてないけどそれだけじゃ料理にならない調味料しか入ってない。
とりあえず食材を揃えに近くのスーパーへ。

…か、勘がにぶってる。
何を常備させておけばいいのか、考えながら歩いていると何も取れず、カゴが空のままレジに到着。2周目スタート。

今日のところは、使い勝手のいいレタス、きゅうり、ミニトマト、長ねぎ、卵を買っておきました。
あと朝ご飯に便利そうなバナナと牛乳も。

今夜はご飯を炊き、卵とレタスとねぎを使ってレタスチャーハンを作りました。
おかずに買ってきた唐揚げには、ミニトマトを添える。
ご飯は少なめのつもりで2合炊いたけど、それでも2食分余った。

次は豚肉の薄切りだけ買ってきて冷しゃぶサラダと卵スープってとこかな~。
牛乳が飲みきれなさそうなら、フレンチトーストやコーンスープに化けさせるのもいいな。


うん。自炊の意欲を左右するのは冷蔵庫の中身なのだ。改めて実感した。
気合い入れすぎると長続きしないから、ほどほどに頑張ろ。
出来合い、中食、たまの外食。全然オッケー。
[PR]

by match-ken | 2007-05-25 02:34 | 外食時々自炊  

しょぼい街ではあるんですけどね

4年間部活漬けでクラスの方とはだんだんと疎遠になっていく中で、
唯一と言っていいくらいに変わらない付き合いをしてくれた友人と遊びに行きました。

いつになく長い記事になりました
[PR]

by match-ken | 2007-01-24 01:01 | 外食時々自炊  

いい思い出に乏しいこの公園

都吹連の行事に出ると、帰りの荷物はいつも行きより重い。
弁当が余れば、それは最下級で男の子の僕が持って帰ることを意味するのです。

自分の部屋でひとり、一回食べた弁当をまた食べるのは絵的に切ないので、
帰りに公園に寄って、そこで食べようと思った。

久々に行ったその公園は、電灯が切れていて真っ暗だった。

それでも構わず中に入ったら、ベンチで男女がいちゃついていたので、
帰って自分の部屋でひとり、一回食べた弁当をまた食べた。


むかつく。
[PR]

by match-ken | 2006-10-03 22:45 | 外食時々自炊  

雰囲気はいいけど立地が悪かった(T_T)

神宮後にいつも感じるやさぐれた気持ちを抱えて、明治公園を一人で後にした。

とりあえず千駄ヶ谷まで歩いて、しばらく地図を見ながらうじうじしてたけど、意を決してもう一駅、代々木まで歩いてみようと思った。
ぷーちんがバイトしてるサンドイッチ屋「鞍馬」。その代々木店が最近できたと聞いたので、一度覗いてみたいなと思ってたもので。系列で初めて、イートインができるお店なのだとか。

代々木駅には神宮から30分かからずに着きました。…でもそこからが長かった(泣)
無謀にも場所を聞かず、住所さえ知らずに来たので、どれだけ歩いても見つからないんだ、これが。
当然栄えてる西口やろ、と思ったのがそもそもの間違いでした。いや、東口にも行きましたよ。けど、あのさびれっぷりを見たら、そこを進んだ先にあるなんて思いもよりませんって!
結局交番で教えてもらってようやく辿り着きました。
ぷーちんに聞けば早かったんやろうけど、せっかく自力で行ったってびっくりさせてやろうと思ってた手前、それはなんだか悔しかったもので(笑)


なんか、着くまででかなりの字数を費やしてしまいましたが(苦笑)。

お店は話に聞いていた通り、かなりシック。全体的に茶系統にまとめられていて、なんとも僕好みな内装です。
お目当ての「井戸端セット」(サンドイッチとドリンクで500円!)は20分前で終わったところ。こんなに迷わなきゃなぁ。。でもまさか、「じゃあやめます」なんて言えるわけもなく、おかげで写真の
「鞍馬オ・レ」(自分でコーヒーと牛乳を混ぜる。たっぷり2杯分♪)と、
「納豆コーヒーゼリー」(なんでかこのグロテスクな食べ物が一番人気なのだとか。いや、僕も好きですとも)
で750円取られちゃいました。ま、今回はご祝儀として納めさせていただくとして、次回からは絶対セットをやってる時間帯に来なきゃな、と思いました。だいたいこのお店は、ランチタイムのサラダバー付きのセットも含めて、セットやってる時間の方が断然長いんやから(笑)
b0037793_23444397.jpg
できればサービスのもろみ酢やほうじ茶も味わいたかったんですが、閉店の19時になってしまったんで、2杯目のオ・レを流し込んで出てきちゃいました。今日は下見と割り切って、今度はもっとゆっくりしに来よっと♪

代々木まで来たら、いよいよ電車に乗るのがもったいないので、さらにもう一駅新宿まで歩いて帰りました。新南口から京王線に向かう途中で、ぷーちんの本拠地、新宿ルミネ店の前も通りましたよ(笑)
[PR]

by match-ken | 2006-09-23 19:44 | 外食時々自炊