風鈴火山

外回りでとある街の裏通りを歩いていると、
季節はずれになりかけの風鈴の音が聞こえてきた。

そのとき初めて、今年我が家では風鈴を吊るすのを忘れていたことに気づいた。
ここ3年間、毎年必ず吊るしてきたのに、今年は思い出しもしなかった。

帰ったらすぐ吊るそう、まだ暑いし、と思い、すぐに、
やめとこう、また11月頃まで出しっぱなしにしちゃうやろうから、と思い直した。
「また」というあたりがミソです。

ちなみに自慢じゃないですけど、すだれを吊ったまま一冬を越したこともあります。
[PR]

by match-ken | 2008-09-05 15:47 | 雑感  

<< コーヒーの異種格闘技 自分正当化としての自己嫌悪 >>