嗜好は日々変わる

今朝起きて窓を開けると、ベランダの真ん前の金木犀が満開になっていた(満開っていってもそんなに開かないけど)。
その香りを胸いっぱいに吸い込んで、「今まで一進一退だったけど、これで正真正銘の秋が来たなぁ」って思った。なんだかとてもすがすがしい気分。バイトなんて行かずに散歩したい。

そんな自分にびっくりしてしまったのでした。

なぜなら去年まで僕は金木犀の匂いが大っ嫌いだったから。「なんやあのニオイは、わざとらしい。芳香剤かっちゅうねん」と悪態をつくくらいに。
同じ自分が今年は、同じ匂いをかいで秋の訪れを感じてうれしくなったりなんかしてるもんだから、これはどうしたものかと思って。


今までは、「金木犀なんて…」と言えるのが大人なんだと思っていた。
でも、「金木犀もまぁ悪くないよね」と言える方が、もっと大人なんじゃないかとも思える。


次は桜が咲いたとき、どう思うかやな。桜も“嫌い”なので。
[PR]

by match-ken | 2007-10-07 11:29 | 雑感  

<< ↓そんな僕ではありますが… 僕はこの人にこう思ってるんだ、って >>