その場のリクツより、その背景を

論理。

と、
論理的な詭弁、飛躍、すり替え、

と、
もはや論理的とは言いがたい開き直り、逆上、放棄、沈黙。


それら全部をいったん受け止めて、受け入れて、
でも決して迎合はせず、
大事なことだけを抽出して再提示できるだけの人間になれれば、
少しは真のやさしさに近づけるのかな。
[PR]

by match-ken | 2007-06-25 02:04 | 雑感  

<< なんか知らないけど、 交流戦優勝! >>