一時面接から圧迫かよ

いや、違う。向こうは圧迫してるつもりはないのだ。
でも、中高年社員6人と学生5人が対峙して、与えられた質問に対して一人一回ずつ答えていくだけ、という面接スタイルも、
向こうさんがさもめんどくさそうに聞いてる態度も(面接続きでお疲れなんでしょうが)、
「結果的に」圧迫感を出していました。

ある男の子はかわいそうなくらいガチガチでした。
他の子たちとも、終わってから「あれじゃまるで最終だよねぇ」と言い合いました。

こんなんじゃお互い不幸せなので、僕の番のときちょっと笑わせてみました。
全然面白くなさそうだったおじさんも含めて、全員を爆笑させられたのでよかったです。


こないだ受けた会社でも、無理に怖い顔してる人がいたので、笑わせにかかってみると、
その人も含めて全員を爆笑させることができました。

なに面接で実験してるんや、おれ。


自慢話がしたいのではなくて、
お互いが言葉でキャッチボールできるような、そんな会話調の面接を受けたいです。
そして、「僕自身」を見ようとしてくれる会社に行きたいです。

今日のところが次に進めたら、今度は「会話」させてくれますように。
[PR]

by match-ken | 2007-04-18 17:10 | 就活  

<< 振り回しすぎやぁ~ ひと昔は普通のことやったけど >>