節目ごとに思う

それが生き方なのでしょう。

その生き方は、相手が家族であれ、親友であれ、まして恋人であれ、
変わりはしないのでしょう。
[PR]

by match-ken | 2006-10-07 10:56 | 雑感  

<< 十五夜の、その次の日の月の下を歩く 季節の変わり目の嵐 >>