自傷して自笑する

なんで素直になれないんやろう。

素直な気持ちを表に出すことが、
恥ずかしいのか?
悔しいのか?
汚れたことなのか?

なんかもう情けなすぎて笑えてくる。

「私は遠い昔、捨ててはならないものを捨てたの」と佐伯さんは言う。
「私がなによりも愛していたものを。私はそれがいつかうしなわれてしまうことを恐れたの。だから自分の手でそれを捨てないわけにはいかなかった。奪いとられたり、なにかの拍子に消えてしまったりするくらいなら、捨ててしまったほうがいいと思った。もちろんそこには薄れることのない怒りの感情もあった。でもそれはまちがったことだった。それは決して捨てられてはならないものだった」

さも自分で選んだことのように仕組んでおけば、後々あきらめもつけやすいってか?
かゆくてかゆくて仕方ない場所を、掻きむしったり引っぱたいたりつねったりして、もっと強い別の痛みにしてごまかしてるのと似たような感じ。
[PR]

by match-ken | 2006-04-10 02:19 | 雑感  

<< 引退したとばかり思ってた 酒の席の約束にあえて大真面目に... >>