『警告』

朝の訪れを微塵も感じない夜
闇がこの先の日本を考えるのか



かつてこの上ない幸せだったはずのことが、
当時よりずっと幸せなはずの今、
物足りなさを覚えさせる要因となっている皮肉。

今ばっちり目が冴えてるのに、
昼間になったら眠くないはずがないという皮肉。

起きてるには長いし、寝るには短い朝までの時間。

新聞が来た。
始発電車が行った。

TVも溜息も時計を滅多に止めない
何が此程迄に虚しさを呼ぶのだ?

[PR]

by match-ken | 2006-03-02 04:46 | 雑感  

<< 物腰は柔らかで、でも芯があって... 小さくて確かな幸せ >>