ネイティブ・スピーカーなのです。

徹夜したにもかかわらず、昨日から今日にかけてずっと頭が冴えてるような気がする。
それは多分、この2日間純粋な関西弁しか話してないからだと思う。

いつもの話でしつこいようだけど、僕が東京で話している言葉は関西弁ではありません。無論標準語(関東弁)でもないけど。それはみんながいくら何と言おうとも、関西の人に聞かせれば明らかです。

ここではいちいち頭の中で単語や語尾を変換したり、表現を弱めたりする必要はない。
浮かんだ言葉を浮かんだまま口に出せばいいし、バーンとかドワーッなんて意味不明な擬態語を多用してもそれを面白がられたりはしない。

思ったことが言葉と直結してるとなんだかスッキリします。頭が良くなったような錯覚さえする(笑)

こう言うと、寂しがる人もいるのだろうけど、
やっぱり僕は、
こっちの人なのです。
[PR]

by match-ken | 2006-01-07 20:14 | 故郷  

<< 実際に入ったのはまだ2回目 “全日本”の学生が集ってるはずが… >>