♪…ほんの少しの嘘くらい 笑ってすませばいいじゃない

なぜだか今夜はこんなに 言葉のナイフ止められない…♪

ふと頭をよぎったのはそんなフレーズ。

そう、僕が笑って流してしまえればそれでよかったのだ。ただの冗談だなんて百も承知。
でもさ。
嘘でも言っていいことと悪いことがあるんじゃないのか? 誰一人いい気分にさせない嘘は、いくら嘘でも嘘じゃなくなる。

ううん。
でも、僕が笑ってすませばよかったのだ。

関係ないけど、
高校の頃髪をワインレッドに染めていた理由の2割くらいは相川七瀬に憧れていたからです。
ノってくるとマイクスタンドごと持ち上げて歌うのがカッコよかった。
そのうち最初から持つようになってちょっと興ざめやったけど。
[PR]

by match-ken | 2005-12-17 03:41 | 雑感  

<< 普通でいることって、どうするこ... エアポケットのような日々 >>