なくなって 初めて気付く 大切さ

今年のウィーン・フィル、ラデツキー行進曲やらなかったね。『美しく青きドナウ』が終わり、いよいよかと思って待ち構えてたら、そのまま終わってしまった。

地震とか戦争とかの世界情勢を鑑みて自粛したんやと思う。錦織健さんの解説が胸にしみた。
「2005年はラデツキーをやらなかった、という記憶が思い起こしてくれるものもある」と。
あって当然のものがないときにもたらすエネルギーは、ひょっとしたらあるときよりも大きいのかもしれない。それは僕がここ何年も考え続けていることではあるのだけど。

まぁでもなんだかんだ言っても、やってほしかったことに変わりはない。ニューイヤーコンサート最大の楽しみが手拍子付きラデツキーである人が僕だけのはずないんやから。
2006年には満を持してラデツキーを演奏できるような一年になればいいね。
[PR]

by match-ken | 2005-01-02 01:56 | 雑感  

<< 終わったぁーー!! 魂を感じる場所 >>