シンクロニシティ・メモ

電車に乗りながら出版社の発行する小冊子について思考を巡らせていて、
ふと顔を上げたら、向かいの席のおじさんが岩波書店の『図書』を読んでいた。

こういう偶然は無数に経験してるけど、すごく驚くわりにはすぐ忘れてしまうので、
なるべくこうして記録を残しておこうと思う。
[PR]

by match-ken | 2008-12-08 21:24 | 携帯備忘録  

<< 通勤でさえ無理矢理「旅」に捏造する。 恋は盲目 >>